目の下のたるみは美容整形で治る? 手術の費用と失敗例について

目の下にぷくっと現れるたるみ。どんなに生活環境に気を配っても、高級スキンケアアイテムを使用しても、たるみが消えない! という人が最後に行き着く方法の一つがプチ整形です。

目の下のたるみは美容整形で治る

プチ整形を受けてみたいな・・・と思った時に、ちょっぴり心配になる費用や失敗のリスクについて、考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

目の下のたるみは美容整形で治る?

目の下のたるみを改善するための整形手術には、いろいろな方法があります。最近では、切らないプチ整形も数多くあるので、手軽にトライできるようにもなりました。

それほど進行しておらず、ややたるんでいるというくらいなら、レーザー治療が有効ということもありますし、もう少し深刻な状態ならヒアルロン酸の注入という方法もあります。

クマとたるみのダブルパンチなら、脱脂術という余計な脂肪を取り除く切る手術があります。その後、合わせてたるんで落ち込んでいる部分に脂肪を注入します。

いずれにせよ、たるみの形状や状態などによって、どんな方法がいちばん適しているのかは、医師の判断に任せることとなります。

先生の腕次第という部分もありますので、できるだけ口コミなどを参考にしながら、信頼のおけるクリニックや医師を見つけるのが重要ですね。


目の下のたるみの手術費用の目安は?

一般的な方法としては、目の下のたるみ部分の脂肪を取り除く方法や、脂肪をへこんでいる部分に移動させる方法などがあります。

これらの整形にかかる費用は、20万円から40万円が相場のようですが、方法によっては100万円に届くような高額になる場合も。

また、目の下のたるみをとるためのレーザー治療は、1回の施術で最低5万円ほどかかります。ただし、レーザー治療は、何度か通院する必要があります。

ヒアルロン酸注入法などのプチ整形であれば、10万円以内で行うことも可能です。クリニックによっては、初回に大幅な割引を行っているところもありますので、それで一度様子を見てみる、という使い方もできます。

しかし、プチ整形の場合は効果が長続きしないというデメリットもありますので、これも定期的に通う必要があります。

スポンサードリンク

目の下のたるみ整形で失敗する例とは?

目の下のたるみ整形にも、もちろん失敗のリスクはあります。整形による失敗で、目の周りにシワやくぼみができたり、プチ整形に代表される注入術では感染症などの危険もあります。

ただし、プチ整形のほとんどは少量の麻酔で行われますし、深くメスを入れるというよりも、針や少しの傷で済むようなメスの入れ方をします。

リスクはとっても少ないといわれていますので、必要以上に心配する必要はありません。。

もう一つ考えたいのは、手術直後のリスクよりも、長期的なリスクです。特にプチ整形は、「プチ」というだけあって、比較的シンプルな施術が多いので、その効果を長期的に維持したい方には不向きです。

半年~1年単位でのメンテナンスが必要な場合もあるので、そこはしっかりと肝に銘じておきましょう。


まとめ

どうして目の下がたるむのでしょうか? それは、肌の持つ再生力や維持力の低下、そして目の周りの筋肉が緩んでしまったことなどが原因です。

もちろん、肌に直接作用する良い成分のスキンケアもありますし、目の周りの筋肉を鍛えるマッサージやエクササイズもないわけではありません。でも、それって長い時間がかかりますよね?

目の下のたるみ改善の最後の手段として考えておきたいプチ整形ですが、費用はかかるものの、失敗のリスクは少なめで、長期的な視野で見た際のリスクは十分に考えておく必要があると言えます。


スポンサードリンク

コメントを残す