飲む日焼け止めの効果とは? 皮膚科と通販のモノの違い

紫外線対策のために、夏は帽子や手袋、日傘は必需品ですよね。でも、うっかり日に当たってしまうこともありますし、日焼け止めも汗で流れてしまうと効き目がなくなってしまいます。

飲む日焼け止めの効果とは?

でも、飲む日焼け止めを使えば、持ち物やスキンケアに気を遣わなくても紫外線予防ができるんですよ!

飲む日焼け止めの効果とは?

日焼け止めと言えば、塗る日焼け止めクリームなどが普通でしたが、最近もっぱら人気が高まっているのが、飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めは、飲むだけで紫外線の影響を抑えることができます。紫外線をカットするわけではありませんが、紫外線の刺激で肌が老化する、そのさまざまな症状を抑えてくれるのです。

紫外線の影響で起きる肌トラブルには、シミやくすみ、シワやたるみ、ニキビなどがあります。紫外線を浴びると、活性酸素(フリーラジカル)が生じ、それに対抗するためにメラニン色素が大量に作られます。

日焼けで乾燥した肌は、ターンオーバーが乱れるので、メラニンが役割を終えてもうまく体外に排出できず、シミなどの色素沈着を招きます。

ターンオーバーの乱れで肌細胞が老化し、肌のキメが粗くなり、シワやたるみが起こりますし、小さな炎症が繰り返し起こり、ニキビに発展します。

こうなると、悪循環が生じて肌の乾燥がますます進み、乾燥して弱った肌が紫外線を浴びると、いっそう肌トラブルが進行してしまいます。

このような悪循環を招く前に、紫外線から肌を守りたいですよね。

塗る日焼け止めの場合、塗ったところしか効果がありませんが、飲む日焼け止めなら全身に効き目があります。クリームを塗れない目や唇、髪、塗りにくい耳や首、背中なども日焼けを予防できます。

また、塗る日焼け止めは塗り直しが必要ですが、飲む日焼け止めは飲んでおけば、一定時間効き目が持続しますので安心です。


飲む日焼け止めは皮膚科や病院で処方してもらうのが基本?

皮膚科や美容外科などでは、ヘリオケアが処方されるのが主流です。

【ランキング1位】ヘリオケア ウルトラD【飲む日焼け止め】【2個以上注文で送料無料】

ヘリオケアには、フェルンブロック(FernBlock)という薬草の成分が配合されています。これは、紫外線の影響で発生するフリーラジカルを破壊し、紫外線から細胞を守るはたらきがあります。

また、紫外線の影響で生じる、シミ、くすみ、シワ、たるみなども軽減できます。

添加されているビタミンDの有無などで数種類が販売されていますが、効き目が長いものでは、1回飲むと30分後から効き始め、効果が4~6時間続きます。

即効性があるので、外出前に飲んでおくと安心ですね。戸外での活動が長時間におよぶ場合は、4時間ごとにヘリオケアを飲むようにしましょう。


飲む日焼け止めは通販で買える市販のものってないの?

ヘリオケアは、使用している人も多く、病院で処方されるので安心感があります。でも、日焼け止めの処方のために病院に行くとなると、そこまでしなくても…とためらう人もいると思います。

最近は、通販やドラッグストアで購入できる市販の飲む日焼け止めも発売されるようになりましたので、病院へ行くほどでもないけど試してみたいという人におすすめです。

市販の飲む日焼け止めとして人気があるものに、ホワイトヴェールがあります。1日2粒飲むだけで紫外線を約60%制御できるという、日本生まれの飲む日焼け止めです。

日焼け止めサプリ ホワイトヴェール

地中海のシトラス果実とローズマリー葉から抽出された天然ポリフェノールが、紫外線の影響による活性酸素を抑え、お肌の老化を防止します。

そのほかの成分も、植物由来の成分が中心で、小さな子どもでも飲むことができる安全な内容になっていますよ。

100%オーガニック素材で作られ、マルチビタミンとミネラルが配合されています。紫外線対策だけでなく、健康や美容にも良い成分が詰め込まれているというのは嬉しいですね。


まとめ

これまでの塗る日焼け止めでは不十分だった全身の紫外線対策ができて、塗り忘れや塗りムラなどの不便さもありません。

飲み続ければ、紫外線対策だけでなく、肌の透明感を取り戻す効果も期待できちゃいます。

ですが、最強なのは塗る日焼け止め&飲む日焼け止めの併用です。これからは塗るだけでなく、飲む日焼け止めもうまく使って、厳しい夏の日差しに負けない肌を作りましょう!


コメントを残す