飲む日焼け止めの副作用とは? 種類はいろいろ日本製なら安心!

日焼け止めサプリは、飲むだけで紫外線の影響を抑えられるという新タイプの日焼け止めです。

今まで塗り忘れたり、汗で落ちてしまったりして、日焼け止めが思ったように効かなかったという人には、飲む日焼け止めがあれば悩みは解決に向かいます!

飲む日焼け止めの副作用とは?

でも、「飲む」というからには、なにかしら副作用があるんじゃないかと心配になりますよね。ということで、飲む日焼け止めの副作用をチェックしてみます。


飲む日焼け止めに副作用の心配はある?

飲む日焼け止めはサプリメントなので、基本的に薬のような副作用はありません。だから、飲む前からあまり心配する必要はないのです。

でも、どんな食品でも合わないものがあるように、サプリメントの成分もアレルギーを持っているなど、人によっては合わないということは起こります。飲む前に成分をチェックしておくことを、忘れないようにしたいものです。

飲む日焼け止めの場合、種類によって主成分が違っています。ここでは、人気の飲む日焼け止めを取り上げて、体に影響が起こる可能性をチェックしてみることにしました。


飲む日焼け止めの種類は?

現在、飲む日焼け止めは、アメリカ製と日本製のものが出回っています。

アメリカ製では、ヘリオケアが代表的です。これは、多くの美容皮膚科などで処方されているサプリでもあります。

【安心のクリニック発送】【祝日以外発送】【冬も肝斑、シミ対策】ヘリオケア ウルトラD 30カプセル【飲む日焼け止め】【2個以上注文で送料無料】

ヘリオケアの主成分は、フェルンブロックと言うシダ植物の一種から抽出されたエキスです。そのほかに、ビタミン類とルテイン・リコピンという食品由来の成分も配合されています。

食べられるものが元になっていますから、ヘリオケアはフェルンブロックさえ体に合えば、問題はないでしょう。

また、アメリカ製ですが、日本でも認可されている商品です。安全性は一定基準をクリアしているということになります。


一方、日本製では、ホワイトヴェール雪肌ドロップやかないサプリなどがありますが、主成分はさまざまです。

ホワイトヴェール
雪肌ドロップ
やかないサプリ

ホワイトヴェールと雪肌ドロップは、シトラス果実とローズマリーから抽出した天然ポリフェノール、やかないサプリはパイナップル由来のフィトールやシダ植物由来の日焼け止め成分に、ローズマリーなどが加えられています。

いずれも食べられるものが元になっていますね。

以上のように、飲む日焼け止めは、基本的に植物由来の成分で作られています。日本製のものは一般的な果物由来ですし、アメリカ製のヘリオケアのシダ植物由来の成分も、ヨーロッパではアトピー治療に25年も使われてきたハーブで、とくに副作用の報告はないそうです。

あえて言えば、妊婦さんは控えたほうが良いでしょう。ヘリオケアもそのほかの日焼け止めも、妊娠中、授乳中、小さなお子様には使用が推奨されていません

飲む日焼け止めで日本製のものは?

以上のように、飲む日焼け止めで日本製のものは、ホワイトヴェール、雪肌ドロップ、やかないサプリといったところが人気です。それぞれを比べてみましょう。

  ホワイトヴェール 雪肌ドロップ やかないサプリ
飲む量 1日2粒 1日2粒 1日1粒
効果が出るのは 継続飲用を 30分前に飲む 7日前から飲む
初回料金 980円 500円 2,453円*
2回目以降料金 4,980円 6,480円 3,067円
1日あたり/初月 約33円 約17円 約82円
1日あたり/次月以降 166円 216円 約102円
返金保証 あり(15日間) なし なし

アメリカ製でも安全性は十分ですが、国産のサプリとなれば、より安心できますよね。

日本で市販されている飲む日焼け止めは、どれも果物由来の成分が中心なので、成分が合わないのではと極端に心配する必要はありません。

日本製なので、日本人に合う処方になっていますし、副作用もありません。あとは、飲みながら体調をチェックして、自分に合うかどうか確認してみて下さい。


まとめ

飲んで体に合えば、日焼け止めに頼らず、白い肌を守ることができます。うまく行けば、シミやくすみも改善できて、お肌のアンチエイジングにもなります。

塗るタイプの日焼け止めクリームを塗ることで、ダブルの紫外線対策が可能となりますし、塗らない人にとっても飲むだけでUV対策ができる気軽さがいいですよね。

飲む日焼け止めが気になる人は、まずは飲んで試してみましょう。


コメントを残す