正しい髪の洗い方で髪の毛がサラサラに! 順番や姿勢もチェック

髪を洗う。
当たり前のことですが、こんな疑問はありませんか?

「毎日ただ洗っているけど、正しい髪の洗い方ってあるのかな?」
「年齢とともに髪が細く弱くなってきた感じがあるし、正しい髪の洗い方があるなら知っておきたいな・・・」

歳を重ねるごとに、髪の悩みは増える一方なんですよね~

正しい髪の洗い方で髪の毛がサラサラに

管理人
ということで、そんな髪悩みの数々を現役美容師さんに聞いてみましたシリーズでお届けしたいと思います。Rieさん、よろしくお願いします!
美容師Rie
はい、了解です!
美容室でお客様とお話しても、髪や地肌のお悩みがとても多いです。では、どんな洗い方をすれば髪に良いのでしょうか? 解説しますね。
スポンサードリンク

正しい髪の洗い方とは

まずは、基本的な洗い方をおさらいしておきましょう。

予洗い

この行程が実は一番大事!!
しっかりと頭皮を濡らしてから始めましょう。温度は38度前後のぬるま湯が適温です。

地肌から髪全体を3分ほどこすり洗いして流すことで、頭皮や髪についた汚れを7~8割は落とすことができます。

ただし、しっかり地肌から流さないと、この後の泡立ても上手くいきませんよ。

シャンプーの泡立て

シャンプーはしっかり泡立ててから髪につけて下さいね。

直接つけてから泡立てしても問題はありませんが、泡立てる際に髪同士の摩擦が生じるので、ダメージや抜け毛・切れ毛の原因に繋がることもあります。

そのため、髪の傷みが気になる方は、泡立ててから髪につける方法がベストです。手で泡を作るのが苦手な方は、洗顔用の泡立てネットなどを使ってみてください。

頭皮を優しく洗う

髪(頭皮)を強い力で洗わずに、優しく洗いましょう。

また、頭皮は指の腹と爪のあいだ辺りを使って洗うようにします。かゆいからといって爪を立てて洗う方もいらっしゃいますが、頭皮を傷付けることになるため厳禁です。

しっかりすすぐ

泡が残るとかゆみが生じて皮膚トラブルになる危険もあります。シャンプーが残らないように気をつけましょう。

また、ぬめりがなくなるまで洗い流してください。この時にすすぎが足りないと、ベタつきや乾きの悪さにつながってしまいます。

トリートメント前には水分をとっておく

トリートメントの前に乾いたタオルで軽く水分をとっておくと、成分が髪に浸透しやすくなります。

また、トリートメントは頭皮につけると毛穴の詰まりの原因になるため、根元付近は避けて、中間~毛先にかけてしっかりとつけるようにしましょう。

その際の時間は、5~10分ほど置くといいです。長く置いた方が良いとも言われますが、実はそれ以上の時間をかけてもあまり効果は変わりません。


普段の洗い方と比べてどうですか?
できていないところがあればやってみて下さいね!


髪の毛は洗い方次第でサラサラになれる!

髪の毛は濡れてるときがいちばんデリケートな状態になるのですが、そればなぜか知ってますか?

髪表面にはキューティクルと呼ばれる髪を守るものが、根元から毛先に向かって瓦屋根の瓦のように張りついています。

それらは通常、隙間なくピタッと張りついているのですが、濡れると魚のウロコのように片側(毛先側)がピラ~ッと開きます。

開いた状態でシャンプー剤を直接つけてゴシゴシこすって泡立てたり、適当に力任せに洗ってしまうと、キューティクルがはがれてしまいます。

そうなると、毛髪内部のタンパク質や油分などの大事なものが流出しやすくなり、パサつき、ちりつき、広がりなどのさまざまな要因になります。

そのため、前述の洗い方のように気をつけて洗うことで、キューティクルを守りながらの洗髪が可能になるのです。

また、洗い方に気をつけていても、乾かさずに自然乾燥させたりしてしまうと、結局キューティクルが閉じ切らないことになるため、パサついて見えたりキューティクル同士が引っかかり、もつれたりしてしまいますよ。

洗った後はちゃんとドライヤーを使って、手ぐしで良いので根元から毛先へ少しひっぱるように乾かすことで、キューティクルが正しく閉じてサラサラでツヤのある美髪になることができます。

スポンサードリンク

髪の毛の洗い方の順番や姿勢について

シャンプーをするとき、どんな姿勢をしていますか?

上を向いてシャンプーする人もいれば、下を向いてシャンプーする人もいるかと思います。また美容室では、寝ながら上を向いて行なうサロンがほとんどだと思います。

では、どんな姿勢が正しいのでしょう?

正しい姿勢は、美容室でシャンプーしてもらうような感じで、顔を上に向けた状態が理想的と言われています。

キューティクルは根元から毛先に向かって張り付いていますので、その向きに逆らって洗うと、はがれてしまうんですよね。

流れに逆らわないようにするには、根元から毛先に向かってシャワーを流したり洗うことが必要になります。つまり、美容室のように上を向く洗い方がおすすめなのです。

地球上にいる限り、重力の働きで何でも上から下に降りる習性がありますよね。なので、泡立てたシャンプーも同じです。洗い方の順番は上から下に、です。

一番てっぺんから洗っていきましょう。根元から毛先に向かって洗うことで、キューティクルへの負担も少なくなります。

また、お顔や二の腕を上に上げたまま洗う姿勢になるので、シェイプアップ効果にも繋がりますよ(笑)

ただし、腕が上がらない人はもちろん、上を向く姿勢で腰に負担が掛かる場合もあるため、くれぐれもムリはしないで下さいね。

いちばん大切なことは、正しい姿勢にこだわることではなく、毛穴の汚れや髪に付いたものをしっかりと洗い流すということですから。


まとめ

毎日何気なく洗っている髪、適当に扱っていませんでしたか? 美容室でキレイに仕上がる理由は、初めのシャンプーの方法から違いがあるんですね。

髪で覆われているので気にされにくいですが、実はお顔の皮膚の延長にあるのが頭皮です。顔は優しく洗うことを気にしてるけど、頭皮はさほど気にしない人が多いのではないでしょうか。

洗顔と同様に、髪や頭皮も優しく大切に洗ってみて下さいね。

ふわふわの泡で優しく洗い、キューティクルを守る。
ドライヤーで少し引っ張りながら整えて乾かす。

これらを続けることで、少しずつでもあなたの髪の状態が変わると嬉しいです(*’ー’*)


スポンサードリンク

コメントを残す