シャンプーの種類の見分け方 変えるのはアリ? 開封後の消費期限は?

クチコミだったり、雑誌だったり、テレビCMだったり、使ってみたいな~♪と思わせるシャンプーがいっぱい!

けど、逆に、シャンプーの種類が多すぎて選ぶのに困る・・・ってこともあるんですよね。そもそも、たくさんあるシャンプーの種類やそれぞれ何がどう違うのかも気になります。

シャンプーの種類の見分け方

管理人
せっけんシャンプー、ノンシリコン、アミノ酸など、どれも髪にいいとされていて、目移りしてしまうんですよね。けど、どれがどういいのかは分かってなかったり(笑)
美容師Rie
ちゃんとシャンプーの種類について知っておく機会なんて、あまりありませんよね。私たち美容師に聞いていただければ、いつでも答えますよ。今回は種類と違いについて、見分け方などを解説しますね。
管理人
種類の違うシャンプーを交互に使っても大丈夫なのか、また消費期限についても教えて欲しいです~
美容師Rie
はい、わかりました! まとめてお伝えしますね。
スポンサードリンク

シャンプーの種類の見分け方

まず、大きく分けると3種類のシャンプーに分類されます。( )内はおもな成分表記ですので、見分けるときの参考にしてください。

1.石鹸系シャンプー
(石けん用素地、純石けん、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)

2.高級アルコール系シャンプー
(ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸TEA)

3.アミノ酸系シャンプー
(ココイルグルタミン酸、ラウロイルグルタミン酸、アラニン、タウリン、グリシン)

では、それぞれのシャンプータイプ別にくわしく説明します。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーは、洗浄力の高さと天然原料で作られていることが魅力です。

メリットは、頭皮やお肌への刺激に関しては優しく、泡立ちも良く少量で洗うことができること、デメリットは、頭皮の皮脂(油分)を落とすと考えると、やや洗浄力は強めです。

必要以上に皮脂を落としてしまう恐れがあるため、乾燥毛や乾燥肌の方は使わないほうが良いと思います。

アルカリ性のため、洗い終わりも髪がキシキシしたり、ゴワついた感じになることがあるので、必ずシャンプー後にトリートメント類をつけて流して下さいね。

基本的には、頭皮の油分が多い方にオススメします。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは、ドラッグストアやバラエティショップなど、市販で売られている代表的なシャンプーのタイプです。

メリットは、安価で買えることや、香りもよく泡立ちやすいので、少量で洗えることでしょう。洗浄力がやや強いのがデメリットで、皮脂を落としすぎる恐れがあります。

乾燥肌や乾燥毛の方は、あまり使わないほうが良いと思います。髪のダメージなどが少なく、あまり気にされない方がよく使われていますね。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、頭皮や髪に優しいシャンプー剤です。美容室に置いてある高価なシャンプーにも、このタイプが多いです。

メリットは、髪や頭皮や肌に優しく、洗い終わりも髪や頭皮に必要な油分が残ります。デメリットは、やや高価なのと、石鹸系や高級アルコール系に比べて泡立ちが悪く、量も使うことでしょうか。

洗浄力が弱く、整髪料(ワックスやスプレーなど)がついていると、2度洗いもしくは3度洗いが必要になる場合があります。

髪のダメージが気になる方や、もともとお肌や頭皮が弱い(アトピー肌や乾燥肌など)方は、まずアミノ酸系をオススメします。


アミノ酸系シャンプーでも合わない方はどうする?

最近では、ベタイン系のシャンプーといって、天然由来の成分配合のシャンプーもありますが、洗浄力の強さや髪にや頭皮に対して優しいなど、ほぼアミノ酸系シャンプーと変わりません。

細かく言うと、アミノ酸よりやや洗浄力は低く、よりお肌に優しいタイプになります。

このベタイン系でも合わない場合は、薬用シャンプー(かゆみを止める成分配合)を使ってみるか、皮膚科で診断するなど、信用している先生に相談してみてくださいね。

ノンシリコンシャンプーについて

最近よく耳にするノンシリコンシャンプーですが、シリコンはそもそも髪にいいの?悪いの?とよく聞かれます。

シリコンの役目は、髪表面を整えてツヤを出し、手触りを良くしてくれるもの。いわゆるコーティング剤になります。

じゃあ、必要ね!・・・とつい言ってしまいそうですが、ではなぜノンシリコンが出回ったのでしょうか。

シリコンの含有量が多いと、頭皮や毛穴に残留してしまい、抜け毛や細毛の原因になります。すすぎ残しがあると、必要以上に髪がコッテリしたツヤ髪になってしまったり、ベタついたりするんです。

コーティング剤が髪に残りすぎると、パーマやカラーの薬剤が上手く作用せず、望んだ仕上がりにならないことも。

シリコン=コーティング剤=要らないもの、と思われがちですが、正直言ってそれも髪質やお肌の状態で使い分けが必要です。たとえば、きしみやすい髪の方は、シリコン剤が入っている方が手触りが良くなるため、実はオススメなのです。


先にお伝えした含有量に関しては、成分表の最初の方にジメチコンと記載されていないか見てみて下さい。最後の方に記載されていれば、そこまで多く含まれていないので、そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。


シャンプーの種類を変えるのはアリ?

「日替わりでいろんな種類のシャンプーを使うのはアリ?」

お客様の質問でこれもよく話題になります。
結論から言うと、シャンプーの種類を日々変えるのはOKで問題ありません。ただし、デメリットもあります。

毎日使っているものコロコロ替えると、いろいろ使い過ぎてどれが効果あるのかわからなくなったりします。また、いろいろな種類のシャンプーを揃えるのにコストも高くなります。

ですが、メリットももちろんあって、組み合わせ次第でどんな状況や状態にも対処できるシャンプーをすることができます。

人によって、生活スタイルはさまざまです。季節によって汗をかきやすかったり、乾燥しやすかったりと、日々、頭皮や髪の状態は変わるものなので、その時に合ったシャンプーに変えてもらうことで、頭皮の状態や髪質が決まるのです。

シャンプーの種類の見分け方

季節別の例

春や夏は、梅雨があったり紫外線量も多く、外出されると汗や皮脂の分泌も多くなります。

髪や頭皮の状態にもよりますが、より洗い終わりをスッキリされたい方は、洗浄力がやや高いシャンプーを使われても良いと思いますよ。おすすめは、石鹸系シャンプー、高級アルコール系シャンプーです。

また、秋や冬は、夏に受けた紫外線のダメージ(頭皮や髪)があるうえ、外気も寒くなり、とくに乾燥しやすくなります。

これも、髪や頭皮の状態によりますが、乾燥を防ぐためにあまり油分を落とし過ぎないシャンプーを使うのがいいですね。おすすめは、アミノ酸系シャンプーです。

髪や頭皮のダメージ別の例

アトピー肌や乾燥肌などで頭皮が弱かったり、カラーやパーマで髪のダメージが気になる方が使うといいのは、アミノ酸系シャンプー、ベタイン系シャンプーです。

頭皮の皮脂が多いとか油っぽい方や、カラーやパーマはしていなくてダメージがあまり気にならない黒髪の方は、石鹸系シャンプーや高級アルコール系シャンプーが合っています。


基本的には、自身の頭皮の状態に合わせて選んで、どれか一本のみを使っても問題ありませんし、そのときの髪の状態に合わせて組み合わせることで、いろいろなやり方をしてもいいですね。

たとえば、毎日スプレーやワックスを使われている方で、1日に2種類のシャンプーを使う場合、違うタイプのシャンプーを組み合わせるという方法です。

1回目は整髪料を落とすために洗浄力が高いシャンプーを使って、2回目に頭皮に優しいアミノ酸系などを使い、軽くマッサージしながら洗い流す方法をとります。

このように、季節によって変えたり、髪質や頭皮の状態によってベストなシャンプーの選び方ややり方を、行きつけの美容師さんに聞いてみるのがいいですね。

スポンサードリンク

シャンプー開封後の消費期限ってあるの?

何種類かのシャンプーをいろいろ使いたい場合、使用期限って気になりますよね。シャンプーにも開封後の消費期限ってあるのでしょうか?

気になってシャンプーの裏面をみても、使用期限に関する文面は記載されてないものがほとんどです。

薬機法(旧:薬事法)を見てみると、3年経過しても有効性、安全性、そして使用上問題がない場合、使用期限を記載しなくて良いと書かれています。

特殊な成分を配合しているものを除いて、一般的な日本のシャンプーには使用期限が書かれていないものが多いですので、基本的に未開封のシャンプーは最低でも開封してから3年が使用期限と思っておきましょう。

ただし、3年を過ぎたからといって使えなくなる訳ではありません。逆に、保存状態によっては、開封後に悪臭がしたり、使用して頭皮に異常がでたなどの場合は使用しないほうが良いでしょう。

オーガニックシャンプーなど、保存料や防腐剤が含まれていない種類のシャンプーについては、使用期限が書かれているものもあり、一般的に数ヶ月から1年半くらいになるものもあります。

使用期限が記載されているものに関しては、もちろん記載されている使用期間内にご使用くださいね。


まとめ

自分の髪質に合ったシャンプー選びというのは、種類も多くてなかなか大変です。

しかし、年齢を重ねた時に髪をキレイな状態に保つのに大事なことなので、いい加減に適当に使うのではなく、しっかり自分に合うもの選びましょう。

自分の生活スタイルや頭皮の状態、髪質に合ったやり方で使い分けることが大切ですが、いちばん早い解決策は、行きつけの美容室で自分の頭皮や髪に合ってるシャンプーを選んでもらうことですね。

その際、美容師さんはお店で販売している商品をオススメしたいでしょうから、どのシャンプー商品が良いか聞くよりも、どの種類(石鹸系、アミノ酸系など)のシャンプーが適しているかと聞く方が良いかもしれません。

同じものを使い続けているときに、「あれ? 何か使い心地が変わった?」と疑問が生まれたら、もしかしたらその時の髪の状態に対してシャンプーが合っていないのかもしれません。

そういったサインが出たタイミングで、変えてみても良いかも。たくさんあるシャンプーの中から、自分に合ったシャンプーに出会えますように!


スポンサードリンク

コメントを残す