髪のブラッシング効果と正しい方法 ブラシはコレを使えばツヤツヤ♪

ロングヘアならブラッシングが必要だというのは何となく分かりますが、ショートヘアやセミロングだと、そこまで必要性を感じなかったりするものです。

そもそも、髪をブラッシングすることで、どんな効果があるのでしょうか?

髪のブラッシング効果

管理人
今まで髪をブラッシングする習慣がなかったんだけど、シャンプー前にブラッシングをすると良いと聞いてから、がぜん興味が出てきちゃいました~

けど、いつやるの? どうやるの? どんなブラシを使えばいいの?・・・と疑問がいっぱいで。

美容師Rie
なるほど、なるほど。では、今回は効果的なブラッシングや髪のとかし方、ブラシの選び方など、正しいやり方やどんなブラシを使えばいいのか、といったところをお伝えしていきますね。
スポンサードリンク

ブラッシングの効果とは

髪をブラッシングすると、次のようなメリットがあります。

  • 髪についているホコリや汚れを浮きやすくします。
  • シャンプー前にすると、髪の引っかかりをほぐします。
  • 地肌や頭皮の毛穴からでる皮脂やフケなども浮きやすくします。
  • 地肌を刺激するので、血流も良くなり発毛促進や白髪予防にもなります。
  • 髪表面のキューティクルを整えてツヤが出やすくなりサラサラの手触りになります。
  • ホコリ、汚れ、整髪料などをある程度取ることで、シャンプーが泡立ちやすくなり、シャンプーも少量ですみます。

もちろん、いいことばかりというわけでもないので、デメリットもあげておきましょう。

  • 強くブラッシングをやり過ぎると髪や地肌に負担がかか、傷がつく危険も。
  • からまった状態でムリに引っ張ると、抜け毛や切れ毛を増やす恐れが。
  • ナイロンブラシでとかしすぎると、静電気が起こり髪を傷める原因に

あくまで強くブラッシングしたり、必要以上にとかした場合に限ります。

髪のブラッシングはメリットのほうが多く、正しいやり方をするなら毎日やるほうが地肌にも髪の毛にも良い効果に繋がりますよ。


正しい髪のブラッシング方法

正しいブラッシングをしないと、髪や頭皮に負担をかけてしまうというのは前述のとおり。ということで、正しいやり方を知っておいてくださいね。

まず、必ず髪の毛が乾いてる時にブラッシングしましょう。とかす回数は決まってませんが、とかし終わったあとに指で根元から手ぐしを通して引っかからなければ大丈夫です。

いくらとかしてもひっかかったり、とかす回数が多くなる場合は、ブラシが自分の髪に合っていない可能性があるので、ブラシを見直してみてください。

順番は、毛先から優しく、毛先 ⇒ 中間 ⇒ 根元という順にとかします。

ブラッシングで髪をツヤツヤに

途中で引っかかった場合は無理に引っ張らず、引っかかってる原因の毛を見つけて優しくその部分をとかすかほぐして下さい。

もつれが取れたら、イメージのコツとしてはポニーテールを作るように、後頭部に向かって頭の丸みに沿わせながら一か所にとき集めるようにします。

ぐるっと1~2周ほど後頭部に向かってとかすと、お顔のリフトアップにも効果があります。

また、髪が長い方は、地肌をとかしたら上から下へ毛流れに沿ってとかしましょう。


ブラッシングにおける注意点

人によってはフケやホコリ、抜け毛などが多く落ちるので、洗面所かお風呂場で行うと床を汚さなくてすみます。

髪のダメージが激しかったり、クセ毛が強かったりして、いくらやっても絡まる!という方は、ムリにブラッシングをする必要はありません。

毛先のダメージが強く結び目ができてからまっている場合は、その原因の毛を見つけてハサミで1~2本だけ切ってしまってください。その程度ならヘアスタイルには影響はでないので、放置するよりは切ってしまうのがベストです。

スポンサードリンク

ブラッシングで髪に使いたいブラシとは?

最近は、いろいろなヘアブラシがありますが、シャンプー前のブラッシングならクッションブラシやパドルブラシがオススメです。


クッションブラシ

ブラシの先が丸く、ラバー部分のクッション性が高いブラシで、ラバー部分の中央が盛り上がり、髪に当たりやすい形になっています。

クッションブラシの人気No1はメイソンピアソン。

弾力性があるので、髪にも頭皮にもやさしく、頭皮マッサージの効果もあり、シャンプー前のブラッシングや、髪をまとめるのに使用したりします。

髪が細い人、やわらかい人、毛量が少ない人にオススメです。

クッションブラシには、豚毛や猪毛のものもあり、これらの毛質は、髪に対して当たりがやわらかく、静電気が起きにくく、ツヤが出やすいなど、嬉しい効果があります。

さらに、適度な硬さがあるので、強く力を入れなくても地肌へのマッサージ力もあります。


パドルブラシ

サイズが大きく、目が粗いブラシです。パドルブラシは、頭皮マッサージをしながら髪の毛の汚れを摂ることができます。

パドルブラシの人気No1はアヴェダ。

頭に大きく当てる感じになるので、普通にブラッシングするだけでも自然に頭皮マッサージができます。

抜け毛防止や育毛、頭皮ケアに効果的です。


タングルティーザー

イギリスのヘアブラシで、見た目はオモチャみたいなプラスチック製なのですが、普通のブラシではからまる髪もスルスルととかすことができると話題の魔法のブラシがタングルティーザーです。

プチプラで見た目も可愛く、テンションが上がる見た目のヘアブラシということだけでなく、ちゃんと髪にツヤが出てきます。

私も気に入って、家用と外出用で2つ購入しました♪


まとめ

シャンプー前のブラッシングをする事で、汚れを浮かせて落としやすくしたり、地肌のマッサージにもなり、血行促進、白髪予防、発毛、ツヤ髪につながります。

時間としては3~5分くらいで十分だと思いますので、そんなに手間ではないハズ!

実感するまでには個人差がありますが、元気な地肌やキレイな髪を目指して、自分に合ったブラシを見つけ、ぜひブラッシングを習慣にしてくださいね。


スポンサードリンク

コメントを残す