目の下が痩せるのは目元をふっくらさせるアイクリームで復活!

目の下は、年齢とともに暗くなり、クマやくすみ、たるみが目立つようになってくるものです。メイクでカバーできれば良いですが、肌色のくすみを完璧に消すのは難しいですよね。

目の下をふっくらさせたい

どうして目元が痩せてしまうのか、ふっくらさせるにはどうしたらいいのか、最終兵器のアイクリームはどんなものを選べば改善されるのかチェックしてみましょう。


目の下が痩せる原因は?

目の下のクマやたるみは、皮膚が痩せて薄くなり、血管が透けて見えるのがおもな原因です。目の下の皮膚は、とくに加齢によって痩せやすい部分なのです。

というのも、もともと目の下の皮膚は、顔のほかの皮膚に比べてかなり薄くなっているから。頬などは約2mmの厚さがありますが、目元はたったの0.5mm

それが加齢でコラーゲンが失われ、乾燥してますます薄くなっていくのです。これでは透けて暗くなってしまうのも無理はありませんよね。


目の下をふっくらさせたい・・・その方法は?

クマを改善するには、目の下の肌をふっくらさせることが効果的です。コラーゲンを補ってふっくらハリのある肌になれば、透けて暗くなることもなく、明るい肌色が戻ってきます。

でも、一体どんな方法を取れば良いのでしょうか?

マッサージで血行を促進する

血行が悪くても肌色は悪くなります。ですので、目元をマッサージして血行を促進し、クマを解消する、という方法もあります。

ただし、目の下の皮膚は薄く、たいへんデリケートです。指でこするだけでも刺激になりますし、マッサージを強く行うと、かえってダメージを与えてしまうこともあります。

スキンケアで化粧水やクリームをつける場合も、マッサージをするよりは、そっと指先で押さえるようにつけて浸み込ませるくらいのほうが適切です。

メイクで隠す

クマができてしまって最初に採る方法はこれかもしれません。コンシーラーや化粧下地、ファンデーションなどを分厚く塗り、暗い色を目立たせなくします。うまくカバーできればとりあえずは安心ですね。

でも、隠しただけでは根本的な解決にはなりません。むしろ、クレンジングが不十分でメイク剤が肌に残ってしまうと症状が悪化する可能性もあります。

目の下のクマを隠す方法

アイクリームで美容成分を与える

目の下を若返らせるためには、効果的な美容成分が配合されている目元専用のアイクリームが向いています。

肌が薄く敏感な目元に、少し塗るだけでしっかり効き目を発揮してくれるアイクリーム。これがあれば、肌の内側から目元のハリを取り戻し、根本的に悩みを解決することができます。

目元をふっくらさせるアイクリームで復活させる

目元専用アイクリームとしておすすめなのは、北の大地が開発したアイキララです。発売直後から人気が高く、口コミでもとても評判が良くなっています。

>> 【モニターの80%がその効果を実感!】クマを本気で改善『アイキララ』

今までどんなアイクリームでも改善できなかったのに効果を実感している人、アイキララを始めたら1ヶ月経たないうちにクマが薄くなって目元が明るくなり、顔全体がワントーン明るくなった、という人も。

目元をふっくらさせるアイクリームで復活させる!

アイキララは、簡単に言うと肌にコラーゲンを与えるアイクリームなのですが、それだけなら従来のアイクリームとは変わりません。

アイキララの場合、コラーゲンを塗るだけでなく肌の内側にはたらきかけ、肌再生を正常化します。だから、肌の中のコラーゲン量がより多く作られるように助けることができ、本当のふっくら目元が実現できるのです。

若返った目元はたるみがなくなり、弾力のあるふっくら肌になり、皮膚痩せで暗くなってできていたクマも解消されます。目元の悩みを抱えている人には、根本的に悩みを解決してくれるアイクリームと言えますね。


コメントを残す