プラセンタドリンクに副作用のリスクはある?妊活や妊娠中も大丈夫?

美容や健康促進としてよく取り上げられるプラセンタ。夏はドリンクを冷やしてクイッと飲むと、元気が出て肌にハリが出る気がする~という声も多いですよね。

このプラセンタドリンクには、副作用の心配はないのでしょうか?特に妊活中や妊娠中の女性には、大きな関心ごとなんじゃないでしょうか。

プラセンタドリンクに副作用のリスクはある?妊活や妊娠中も大丈夫?

改めて、プラセンタの効果と副作用などについて、チェックしておきましょう。メリットとデメリットのどちらも知っておき、うまく活用できるのがいちばんです♪

スポンサードリンク

プラセンタドリンクに副作用のリスクはある?

プラセンタドリンクを毎日の生活に取り入れるにあたり、副作用のリスクがあるのかどうかというのは気になるところですよね。

  • 本当に美容効果をアップさせられるのか?
  • 不快な症状が引き起こされるのでは?
  • 逆に体調が悪化するのでは?

体内へと直接取り入れる形なので、こういった不安があるのは当然ですが、プラセンタの安全性は高く、医療機関で処方されるヒトプラセンタの錠剤では副作用は報告されていません。

また、ネット通販で取り扱っているサプリメントやドリンクは、内服薬ではなく健康補助食品ですので身体へはリスクなく取り入れられますよ。

  • メラニンの生成を抑えてシミやくすみを改善する
  • 線維芽細胞を活性化してシワやたるみを防ぐ
  • 新陳代謝を向上して肌のターンオーバーを促す
  • 女性ホルモンのバランスを安定化させる
  • めまいや動悸など更年期障害の症状を緩和する

プラセンタドリンクでは上記のような効果が期待でき、安全に美容を促してくれるのがいちばんの特徴なのです。


身体に異変が出た場合は好転反応の可能性が高い

美容効果や健康効果を期待してプラセンタドリンクを飲み、以下のように身体に異変が出たと訴える女性がいらっしゃいます。

  • 体重が増えて太った
  • <ダイエット効果が出なくなった/li>
  • ニキビや吹き出物が増えた
  • 便秘の症状が悪化している
  • 夜中に目が覚めやすくなった
  • 身体がダルくなって倦怠感で悩んでいる
  • 生理時の出血量が多くなった

個人の体質によって異なるものの、これは副作用ではなく好転反応だと考えられます。

好転反応とは身体が良い方向へと向かう際、一時的に不快な症状が出ることを指し、プラセンタドリンクで代謝が活性化したり細胞が元気になったりしているのが理由です。

つまり、プラセンタドリンクが身体に効いている証拠とも言え、この好転反応を乗り越えればしっかりと体質改善ができる期待が持てるというわけです。

スポンサードリンク

プラセンタドリンクは妊活や妊娠中の女性が飲んでも良いの?

妊活中や妊娠中に口にする物は、何かと神経質になりますよね。プラセンタドリンクはどうなの?と疑問を抱えている方は少なくありません。

特に妊娠中は、他の時期とは違って食べ物やサプリメントなど摂取するものに対して医師から制限されることも多くなります。それは、母体を通して胎児の身体へと成分が行き渡るのが理由です。

だからこそ、内服薬やカフェインの過剰摂取には十分に注意しなければならず、外用薬に関しても皮膚を通して体内へと入り込むケースがあるので、自分勝手な判断で市販薬を使うのは避けた方が良いでしょう。

プラセンタドリンクやプラセンタサプリに関しては、効果と安全性に関する実績がありますので、妊娠中に飲んでも母体や胎児に悪影響がないと考えられています。

では、具体的にプラセンタドリンクを飲むことで、どんな効果が期待できるのかまとめてみました。

  • 疲労回復作用が高く、エネルギーを使いやすい妊娠中に体力を回復できる
  • 食欲増進作用によってきちんと食べ物を摂取でき、赤ちゃんに栄養を与えられる
  • 妊娠中に加速しやすいイライラやストレスを解消する精神安定作用を持つ
  • 傷んだ細胞や組織を修復して妊娠腺(肉割れ)ができにくい状態へと導く

プラセンタエキスには細胞分裂を活性化する作用があるため、身体のコンディションを良い方向へと導いてくれます。

妊娠中の女性にも適しているといわれるのは、美容効果だけではなく、健康効果も非常に高いからなのです。

妊娠中の女性は避けた方が良いという声も?

とはいえ、プラセンタドリンクは、妊娠中の女性は避けた方がよいという意見も少なからず出ています。

  • 妊娠中の摂取で安全だと言い切れるほどの臨床データが集まっていない
  • 専門家でも母体や胎児にどんな影響を与えるのか分からない
  • ホルモン分泌を調整する作用によって逆にホルモンバランスが崩れる可能性がある

上記のような理由が考えられ、副作用がないと証明されているものの、赤ちゃんを育てる大事な時期の妊娠中には慎重にならなければなりません。

また、ドリンクやサプリメントの中に含まれているプラセンタエキスは、下記のようにいくつかの種類に分けられます。

  • 動物性プラセンタ(豚・馬・羊)
  • 海洋性プラセンタ(鮭などの魚類)
  • 植物性プラセンタ

どの種類のプラセンタであっても、個人の体質によってはアレルギー反応を引き起こすケースもあり、妊娠中に自分勝手な判断で飲まない方がいいかな、というのはわかりますよね。

とはいえ、プラセンタの効果も気になるところ。どうしてもプラセンタドリンクを飲みたい場合は、摂取する前にかかりつけの医師へ相談するのがベストです。

  1. 医師にプラセンタドリンクを飲んでも良いのか聞いてみる
  2. 避けた方がよいと言われればやめる
  3. 許可を得られたのであれば正しい飲み方で始める

自分の身体と赤ちゃんの身体の両方に気を配っていれば、うまくプラセンタの効能も活かせることでしょう。

なかでもエテルノ濃縮プラセンタは300万本という販売実績があり、品質管理や生産工程にこだわって作られているのが人気の理由です。

主治医の許可が下りれば、このプラセンタドリンクで栄養補給&美活をしてみてください♪

>> エテルノ 濃縮プラセンタ


まとめ

プラセンタドリンクに副作用のリスクはあるのかどうか、妊活や妊娠中に飲んでも大丈夫なのかどうか、主治医と相談の上で決めるのが安心でしょう。

たいていのお医者様は「健康食品なので特に問題はない」とおっしゃると思います。飲みたければ飲めばいいし、心配があるならやめておけば?という感じですね(笑)


コメントを残す