結婚式のお呼ばれドレスで着痩せして見せるボレロや服装とは

多少太ってても、痩せて見えるコーデを日々探しているとか研究している人は多いと思いますが、結婚式のお呼ばれドレスとなると勝手が違っちゃいます。

結婚式 服装 着痩せ

レンタル衣装にしても購入するにしても、体型をしっかりスリムに見せてくれる服装を心して選びましょう。

スポンサードリンク

結婚式のお呼ばれドレスで着痩せして見えるものは?

突然届いた昔の友達や会社の同僚、親戚からの結婚式の招待状に、いちばん焦るのはまず着て行く服がない!ってことだと思います。

男性は、とりあえずスーツでいいや、と結構楽観的に済んでしまうことが多いようですが、女子はそんなワケにはいきません。

ただ、最近は格式ばった結婚式よりも、身内や近しい知人のみでパーティー形式の式が行われる傾向もあるので、招待客の衣装は場にそぐうものなら何でも大丈夫な風潮になってきています。

それでも、時々若い女性達の間では、未だに着てきた衣装に対抗心を燃やす人もいることから、まだまだ気を抜けないのかも知れませんね。

着やせして見える服装を考えると、実はウエストマークされたフェミニンなスーツが一番無難です。

派手さや煌びやかさを求めてドレスに走ると、肩や足の露出が多かったりしてかえって見苦しい部分をさらけ出さなければならなくなりますよ。

着やせを第一に選ぶなら、ムダな対抗心は捨てた方が良さそうです。

着痩せするボレロで結婚式に参列しよう

結婚式に招待されたけど来ていく服がないとか、太めだから見つからないとお嘆きの方におすすめのお洋服があります。

ボレロやケープを羽織る着やせスタイルが、そこそこ人気なのです。

特に、夏の暑い日に招待された式や披露宴で活躍しそうなのが、ノースリーブの上にシースルーのボレロを羽織るタイプのコーディネートです。

もちろん、ピッタリとカラダに張り付くようなタイトなものではなく、ふんわりとドレープのある動きのあるボレロを選ぶことが肝心です。

このスタイルですと、暑さをしのぎつつオシャレもできて、見苦しい二の腕を晒さなくて済みますね。視線を上に集めるので、下半身太りが目立たないというマジックにも期待できます。

また、冬場だったらファーの付いたボレロなどを羽織ると、暖かさの中にもエレガントさを醸し出すことができますので、一着持っていても使いこなせると思います。

スポンサードリンク

結婚式の服装で着痩せしたいならコレしかない!

体型が気になって何を着て行ったら分からない、と言っている人がうっかり着て行ってしまう服装で多いのがパンツスタイルです。

実はパンツスタイルのスーツなどは、後ろから見ると太ももとお尻のあたりがパッツンパッツンですごく見苦しかったりします。

普通は寄るはずのないシワが、太ももの辺りにずっと出ていたりしてキケンです。こういった風景は、参列している後ろの人の視線が集中してくるので良い気分はしませんよね。

なので、太めの方はパンツスタイルよりもロングスカート、それもくるぶしまでくるタイプの方が、かえって体型を晒さない分、痩せて見えるので参考にしてみて下さい。

また、体型を隠すために着物を着たくなる心境になる人もいるかと思いますが、太めの方でも身長がある場合は和装でもむしろ見栄えが良くなるので着物を着ても良いです。

が、身長が低くて着物を着る方は、着やせは全く期待しない方が良い状態になることを念頭に置いておいて欲しいのです。

まとめ

突然の礼装が必要な状況になった時のために、いつでもすぐ出かけられるように服装を準備しておくのも重要ですが、見た目を気にする体型の方は普段から理想の体型の維持に心を配る必要があります。

もうそんな状況になることは少ないだろうとしても、その可能性がある限りは、なるべく体型は礼装に常時入るようにしておいた方が良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す