日焼けで真っ赤なときの対処法 痒い場合やシミ対策まで

日焼け対策が万全ではなく、真っ赤になるほど日焼けをしてしまう人もいます。その場の楽しさに負けてしまい、UVケアが十分でなかった証拠です。

日焼け 真っ赤

日焼け止めをきちんと塗りなおさなかったり、アームカバーを外してしまうことで、肌が紫外線を吸収し、真っ赤になってしまったとか痒いというときには、その後のケアが大切です。

スポンサードリンク

日焼けで真っ赤なときの対処法

海やプールでお肌が焼けてしまった人だけでなく、最近の猛暑日のせいで、日常生活でも日焼けしてしまい、肌を傷めてしまう人が増えています。

日光に当たりすぎたのか、肌が弱いからなのか、気づいたらお肌が真っ赤になっていた!なんてこともあるでしょう。

その真っ赤なお肌は危険です。いわゆるヤケドの症状になっているからです。

もし真っ赤になってヒリヒリしていたら、まずはお水のシャワーをかけ続けてください。全身が焼けてしまっているなら、水風呂でもOKですが、カラダが芯から冷えてしまうまで水に浸けるのはやりすぎですのでご用心を。

日焼けのお肌をクールに鎮静化するために、ヘチマローションを塗るのも効果的です。ヘチマの茎から直接採取した天然成分100%のヘチマローションなら、ヘチマに含まれているビタミンがお肌を優しく潤わせて、日焼けからの回復を促します。

また、お肌を冷やす効果があるヘチマの水分がしっとりと保湿してくれるので、真っ赤ではないけどちょっと焼けたかな、というお肌にもとても良いですよ。


正しいケアとしては、紫外線を浴びてしまい、真っ赤になってしまった部分はすぐに冷やすことが大切なのです。保冷剤などを利用し、できるだけ長時間冷やしましょう。

と言っても、痛みが出るほど冷たい温度で冷やす必要はありませんから、タオルなどを巻き、赤みが帯びている部分を冷やすようにします。

赤みがあまり強くなく、冷やすことで赤みが取れるのであれば、その後すぐにしっかりと保湿ケアを行いましょう。

日焼けして真っ赤で痒い場合

日焼け後のお肌が何だかチリチリ痒いと言う場合、その状態はもう治り始めている感覚なので、痒いからと言ってかかないようにしてください。色素沈着を起こしてしまいますから。

どうしても痒くてかいてしまった場合や、日焼けの火傷の様な傷を薄くしたい場合は、かつて火傷の治療薬として使われてきたという馬油に本領発揮してもらうのがおすすめです

馬油を塗り続けること約2週間で、気になる傷痕が消える!と言う実績があります。

火傷のような症状で一部分にアザが残りそう・・・と不安になっても、馬油を塗り続ければその傷痕を消すことは可能なので、あきらめずに塗り続けてみてください。

スポンサードリンク

日焼けして真っ赤になったらシミ対策を!

冷やしても赤みが取れない場合には、長時間しっかりと冷やしてから保湿を行うようにしましょう。冷やすか冷やさないかだけでも、シミの数は全く違います。

保湿をする時には、できてしまったシミを改善する効果と、できる前のシミを改善させる効果の両方が配合されている美白化粧品を利用し、保湿をすると良いでしょう。

赤みが出てしまった場合、その後茶色くなり皮がむけてしまうことが多いのですが、無理にはがさずにビタミンCの摂取を行いながら、保湿を心掛けつつターンオーバー促すようにします。

日焼け対策をしっかりと行わないと、後々シミができてしまってから後悔することになりますし、火照ってしまい、痛みやヒリツキにより、眠れなくなってしまう場合もあります。

日焼け対策は万全にして出かけることを心がけるようにしたいものです。

まとめ

とにかく、日焼けしたらまずは冷やすことですが、だからといって冷湿布や冷えピタなどを赤みのヒドいところに貼る、というようなことはやめてくださいね。

また、日焼けの症状もいろいろありますが、ほとんどヤケドといってもいいような状態の場合は、ムリに自分でケアをするのではなく、皮膚科で診てもらうことも考えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す