日焼け止めの種類とその効果は? SPFの意味と正しい使い方

猛暑日が続くこの季節、UVクリームをお肌に塗るだけで日焼けを防止できると言う、何とも便利な世の中になりましたね。

日焼け止め 種類

が、日焼け止めの種類もいろいろありまして、こってりとした乳液タイプ、お肌がそのまま潤いそうなジェルタイプ、気軽に吹き付けて使えるスプレータイプ、こっくりとしたクリームタイプなどさまざまです。

スポンサードリンク

日焼け止めの種類とその効果

色々なタイプがある日焼け止めなので、一体どんな時にどの日焼け止めを使うのが効果的なのか知りたいところだと思います。

ではまずジェルタイプはどの辺りで使うのが効果的なのでしょうか?

ジェルタイプは、見た目もテクスチャも水分たっぷり潤う作りになっているので、お肌を直射日光による乾燥からも守りたいと言う場合にとっても便利。

普通の日焼け止めを塗ると、もうその上からスキンケアをするのは非常に難しいため、このジェルタイプはスキンケアの仕上げに使うことも可能なのです。

クリームタイプと乳液タイプは似ていますが、スキンケアの保湿の最後の蓋をする段階で使うのが効果があります。

保湿の蓋の効果を持ちながら日焼けも止められるので、重複してクリームや乳液を使わなくても大丈夫です。

また、スプレータイプですが、手が届かない背中、また腕や脚など広範囲を一度に塗りたい時におすすめです。

クリームや乳液、ジェルなどは塗るのに時間がかかってしまいますが、スプレーなら一気に一度に吹き付けることができますので、時間がない時などにも便利ですが、顔には使わないようにしてください。

使い方や好みなど人それぞれだと思いますので、自分に合った日焼け止めを使うと良いでしょう。

スポンサードリンク

日焼け止め SPFの種類と正しい使い方

日焼け止めを選ぶときには、SPFとPAと書かれている部分をチェックしてみましょう。

SPFと書かれている部分は、紫外線のB波と呼ばれるものを防ぐ働きがあり、SPFの横には数字が書かれていることと思います。

横に書かれている数字は、2から50+までとなっており、何もつけていない状態であると、20分後には日焼けをしてしまうのですが、SPFが20であれば、通常よりも20倍の時間、紫外線を浴びたら日焼けしてしまうという事になります。

計算方法としては、20分かけるSPF20で、400分のあいだ紫外線を防ぐことができるという意味合いとなります。50+は、50倍以上の時間の場合には、プラスがつきます。

PAには、紫外線のA波と呼ばれるものを防ぐことができると言われており、+の数が多ければそれだけ強力に紫外線のA波を予防することが可能という意味合いとなっています。

SPAが50+であり、PA++++と書かれている日焼け止めが一番強力な日焼け対策となります。

しかし、強力であると、それだけ肌にダメージを与えてしまうことでもありますから、外出する時間や場所によって、SPFやPAの数値を変えるようにし、その場所にあった日焼け対策を取り入れると良いでしょう。

アウトドアではSPA50+でPA++++の日焼け止めを、インドアの時はSPA20もあれば十分ですよ。

まとめ

スプレータイプで、つける時に手が汚れてしまわないようになっている日焼け止めは、外出先で便利なので、1本持っておくといいですよ。

最近はファンデーションや化粧下地にも日焼け止めが配合されている物が増えていますが、どれかひとつに入っていればいいというものではありません。

顔の日焼けはシミやくすみ、シワなどの致命的な原因となりますので、最低でも化粧下地とファンデーションの両方に日焼け止め効果のあるものを選びましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す