酵素の手作り効果と作り方&失敗する理由

飲むだけれ痩せられる系のダイエットで、未だ人気を博しているのが酵素ダイエットです。朝食を置き換えたり、食べ過ぎたりした次の日は夕飯も酵素ドリンクにしたりということで、無理なくカロリーコントロールしようというわけです。

酵素 手作り 効果

最近は数多くの酵素食品や酵素飲料が販売されていますが、酵素ドリンクを自分で手作りするという手もあります。基本的には野菜や果物、穀類などで作ることができます。

スポンサードリンク

酵素を手作りする効果とは?

流行の酵素ドリンクは、安いモノで1本4,000円くらい、高いモノだと2万円とかします。これを毎月買うとなると、それなりに負担が・・・

また、同じ味に飽きるし、モノによってはそんなに美味しくないし、だったら作ってしまえ!ってことで、手作りする女子が増えているんですね。

材料は梅・パパイヤ・バナナ・りんご・トマト・キャベツ・パイン・ゆずなど、好きなフルーツを使ってもいいというのがポイントです。

自分好みの美味しい酵素ドリンクレシピを積み重ね、飽きたらチェンジを繰り返すことで、飽きずにずっと続けることができちゃいます。

素材に気を配ったとしても、それほど材料費は高くなりません。市販のものより安心・安全でコスパもいいため、手作り酵素にぜひチャレンジしてみたいところです。

酵素を手作り 簡単な作り方

手順としては、まずお好きな材料を水洗いしますが、このとき材料が空気に触れにくいようにします。そして材料を2センチ程度に切り、重さを量ります。重さは正確に測り、洗った後の水滴も重さに入れるようにします。

そして、樽にそれらの材料と分量の砂糖を入れてよく混ぜます。水洗いからよく混ぜるまでの作業は酸化防止のため素早く行うようにしましょう。

容器の上にいらない紙などを置き、ふたを乗せます。ここで密封してしまうと樽が膨張してしまうので、軽くかぶせる程度にし、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管します。

1週間弱、毎日樽の中を混ぜるようにしましょう。このときは手をよく洗った後乾かして行いますが、ゴム手袋などを使用してもOKです。

そしてさらに絞る作業に入ります。熱湯消毒をした大きなザルやネットなどが、とても便利に使えます。ガラス容器などの中に絞った酵素を入れるとでき上がります。

スポンサードリンク

酵素を手作りして失敗する理由は?

注意すべき点は、雑菌が入らないようにすることです。また、手に傷などがある場合には必ずゴム手袋を着用するようにします。

でき上がった酵素は冷暗所に保管して置くようにしましょう。基本的に手作り酵素は春と秋に作るものなので、それまでに飲みきれるような量を作るようにしておいた方がいいです。

また独学で本格的に作るのは難しいものなので、まずはセミナーなどに参加して作ってみるのがいいかもしれませんね。

まとめ

私はキャベツで作ってみましたが、けっこう手間はかかりますし、味もそんなに美味しいモノじゃないし、フルーツの方がいいかな、という気がします。

炭酸水で割ったり、ポカリで薄めたり、みなさんいろいろと工夫しながら自作酵素を楽しんでいるようです。

スポンサードリンク

コメントを残す