生活習慣病の予防対策 食事や運動で気をつけることとは?

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は近年増えている病気の一つです。生活習慣病は発症することにより動脈硬化を誘発し、心疾患や脳疾患などの病気に転じる可能性もある重大な病気でもあります。

生活習慣病 予防 対策

生活習慣病は、日々の生活と背中合わせというくらい、身近な存在になってきています。

昔は、食生活や日常の生活リズムの不摂生や、喫煙や飲酒が元で起こしやすい症状だと思われていましたが、今や隣の奥さんでも親戚のオジサンでも起こる症状になっているのです。

スポンサードリンク

生活習慣病の予防対策を意識しよう

では、どうしてこんなにも生活習慣病が身近すぎる病になってしまったのか?と言うと、よく知られていることですが食生活の欧米化と言うのがあります。

昔ほど魚中心の食生活ではない上に、野菜中心でもないという点が大きいのです。さらに、便利なレトルトやファーストフード、豊富な外食も原因です。

また、普段の生活で通勤や通学では乗り物で出かけることがメインとなっているため、身体を動かして食事で摂った過剰な栄養素を燃焼するタイミングがほとんどないと言う現状もあります。

蓄積されていく余った栄養分が、お腹まわりの余分な肉となり脂肪となり、血管を詰まらせたり身体をむくませたりするのです。

脂っこいものを食べるなら、その倍は野菜をとるようにするとか、食べ過ぎたな、と思ったらいつもより遠回りして歩いてみるとか、負担にならない程度のちょっとした予防意識を持つことが生活習慣病を回避する第一歩になります。

生活習慣病が予防できる食事とは?

この生活習慣が最も影響する要素は酵素ではないでしょうか。酵素は日々の生活の中で作られたり消費されたりします。

生活習慣が乱れるとたくさんの酵素を消費してしまい、体内の酵素が不足すると病気につながる可能性があります。よってできるだけ生活習慣を乱さず、酵素を無駄にしないような生活にしなければなりません。

また例えば自然界で生の食べ物だけを食べて生きているライオンや像は、たくさんの酵素を摂ることができているので、糖尿病や高血圧といった生活習慣病のような症状になることはありません。

地球上では、加熱調理した食べ物を食べている人間とペットだけが病気にかかってしまうのです。私たちは酵素不足が何か大きな病気とつながってしまう、ということを知る必要があります。

ではどのように生活習慣を改善していけばいいのかというと、消化不良になる食事を控えたり、ストレスをためないようにするなど、毎日の生活で心がけることがいちばん大切です。

スポンサードリンク

生活習慣病を予防するには運動がマスト!

この状態を解決するには、一番良いのは食事ですが、食事の楽しみを奪わずに症状を改善したいと言う人は、毎日の運動が重要になります。

電車やバスに乗って移動している、と言う人は、次回からその区間を自転車で移動してみると良いかも知れません。

電車には長時間乗らなきゃいけない、といった場合なら、1~2駅分だけでも自転車に乗って行ったり、歩くのもおすすめです。

また、自宅ではテレビを見ながらでもできるカンタンなエクササイズなどを行うのも良いでしょう。

CMの間のほんの数分とか、ちょっと空いた時間にできる運動にしておくことで、毎日コツコツ続けることもでき、その症状はいつしか改善されていきます。

カラダを動かす習慣が身につけば、その後でウォーキングやヨガなどのしっかりとした運動も苦にならなくなりますよ。

まとめ

質の良い睡眠や定期的な運動も、適切な時間で行えるような生活習慣をつけてください。そして滞在酵素だけでなく、食べ物に含まれる酵素も上手に体内に取り入れるようにしましょう。

毎日の生活で、病気を治すことというより、病気になりにくくなるような身体を作ることに注目することが、生活習慣病を予防することにつながります。

スポンサードリンク

コメントを残す