毛穴の黒ずみ原因と対策 年代別要因&やめるべき4つの悪習慣

女性の9割方はそうなんじゃないかというくらい、毛穴の黒ずみで悩んでいる方は多いです。そもそも、毛穴の黒ずみが発生する原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

毛穴 黒ずみ 原因

毛穴の黒ずみは、その根本原因を正確に把握しないと、最適な黒ずみ対策を探し出すことができません。ご自分の年齢、そして体質・肌質を十分に検討し、正しい毛穴の黒ずみ対策に取り組みましょう。

スポンサードリンク

毛穴の黒ずみ原因は年代で違う

毛穴の黒ずみが発生する原因は、世代別で2タイプに分類することができます。


10代から20代までの女性

この年代に多く見られるのは、皮脂と角栓です。

一般的な皮脂は、皮膚表面に分泌された皮脂が皮脂膜を形成し、肌の潤いをキープして、皮膚を保護すると言う役割を担っています。

しかし、毛穴周辺に古い角質が溜まっていると、皮脂が分泌されにくくなり、毛穴の奥で目詰まりを起こします

そして、毛穴の奥で詰まった皮脂は角栓と呼ばれますが、この角栓で塞がれた毛穴では、普段の4倍ほどの皮脂が過剰分泌されてしまうのです。

この毛穴を塞ぐ角栓は、しばらく放置すると徐々に巨大化し、さらに空気に触れると酸化します。

最終的に、酸化した角栓の影響で活性酸素が発生すると、それに対抗するためにメラニン色素を生成します。そして、メラニン色素が過剰に生成されると、毛穴の奥で沈着してしまい、毛穴の黒ずみへと発展してしまうのです。

このような皮脂・角栓が原因で発生する毛穴の黒ずみは、体質的に脂性の人や、皮脂の分泌が活発な10代から20代までの女性に多いと言われています。


30代以降の女性

この年代は、毛穴の開きが顕著です。加齢によって肌弾力が衰えてしまうと肌の潤いが保てなくなり、乾燥しがちになります。

そうすると、肌がたるみ、毛穴の開きが目立つようになります。最終的に開いた毛穴に陰影ができてしまい、それが毛穴の黒ずみのように見られてしまうのです。

このような毛穴の開きが原因で発生する毛穴の黒ずみは、皮脂分泌が減衰し、乾燥肌になった30代以降の女性に多いと言われています。

スポンサードリンク

毛穴の黒ずみ対策 4つの悪習慣をやめて!

毛穴の黒ずみは、特に鼻周辺に多く発生します。これは、鼻周辺の皮脂の分泌が活発なためであり、鼻周辺はいろいろな肌トラブルが発生しやすい個所でもあるからです。

数多くある鼻周辺の肌トラブルの中でも、特に毛穴の黒ずみが大嫌い!だと言う女性も多いでしょう。毛穴の黒ずみが発生するメカニズムは、毛穴の奥深くに皮脂・角栓が詰まることから始まります。

蓄積された皮脂・角栓をしばらく放置し続けると、空気と接触して酸化してしまいます。そして、最終的に酸化した皮脂・角栓が黒ずんできて、毛穴の黒ずみへと発展してしまうのです。

さらに、毛穴の黒ずみが悪化する要因はさまざまあると言われています。


メイク落としと洗顔

毎日欠かさずにメイク落としと洗顔を行っていますか?

眠たいから、疲れたからと自分自身に言い訳して、メイク落としや洗顔をきれいに行わずに就寝していませんか。メイク落としと洗顔を怠ると、毛穴にメイク汚れが蓄積され、すぐに毛穴の黒ずみが発生してしまいます。

逆に、毛穴の黒ずみが気になると言って、黒ずんでいる箇所を力強くこすっていませんか?

毛穴表面を力強くこすってしまうと、皮膚が硬質化します。さらに毛穴表面が硬くなると、毛穴の汚れや皮脂・角栓が出にくくなり、毛穴の黒ずみが悪化してしまいますよ。

どんなに疲れていても、必ずメイクを落とし、肌のお手入れでは優しく触れるようにしてください。


弱酸性タイプの洗顔料

弱酸性タイプは人気の洗顔ですが、これでは鼻周辺の汚れが残ってしまうことも多いようです。

肌が乾燥しがちな女性でも、鼻周辺のメイク落としと洗顔は、皮脂が確実に取り除けるタイプのものを使用するようにしましょう。


拭き取りタイプのメイク落とし

これは、眠たい時や疲れた時などにサッと拭き取るだけでメイクが落とせるため、お手軽で便利に感じるかもしれません。

しかし、拭き取りタイプは、皮膚表面のメイク汚れの上を押さえてこすり取るため、実際はメイク汚れが毛穴の中に詰め込まれているのです。そのため、拭き取りタイプを使い続けると、毛穴の黒ずみが発生してしまいます。

落とさないで寝るよりはマシですが、拭き取りクレンジングシートは使わない方が無難です。許せるのは、せいぜい月に1回程度でしょう。


剥がすタイプの毛穴パック

剥がすタイプは皮膚表面が硬質化するので、頻繁に使用してはいけませんし、30代以降のお肌には非常に不向きです。

今はジェル状で洗い流したり、拭き取ったりするものがありますので、剥がす毛穴パックは一切禁止してしまいましょう。


また、柔らかく潤いのある肌をキープするためには、毎日欠かさずに十分な量の化粧水を使用しましょう。500円玉程度の化粧水を手に取り、5分程度でゆっくりと軽くパッティングして、肌の奥深くまで浸透させます。

まとめ

毎日のメイク落としや洗顔の中には、毛穴の黒ずみを悪化させる誤ったやり方も含まれています。毛穴に悩む人がそんな方法をうっかり習慣にしてしまうと、ますますヒドくなるばかりですよ。

毛穴の黒ずみ対策として最も有効なものを探し出し、自分に適したスキンケアに取り組んでいきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す