月経前症候群の症状チェック 腹痛などの緩和方法とは?

月経前症候群を正しく知ることが対策や治療の第一歩、ということが言えると思います。

月経前症候群は、Premenstrual Syndromeの略で月経前緊張症とも言い、一般的には略してPMSと呼ばれています。排卵から生理までの期間、身体や心理面に様々な症状が見られます。

月経前症候群 症状 チェック

軽い月経前症候群なら自力治療も可能です。自覚症状のチェックを行ない、緩和させるためにも普段の生活習慣に気をつけて、さっさとやっつけちゃいましょう。

スポンサードリンク

月経前症候群の症状をチェックしてみよう

月経前症候群の症状が出やすい人の傾向が、ある程度わかるようになりました。まずは、自分が月経前症候群に当てはまるかどうか、確かめてみましょう。

たとえば、タバコやコーヒーの量が多い、甘いものを食べることが多い、負けず嫌いである、神経質であるといった人が、症状が現れやすいようです。

月経前症候群は、自分で症状を自覚している人もいますが、気が付いていない人もいます。月経前症候群のためのチェック方法があります。ある程度の目安になるので、ぜひ参考にしてください。

身体に現れる症状のチェックには、生理前にむくみがちになる、首や肩が凝っている、腰や腹部が重かったり痛かったりする、乳房が張り、時には痛みも感じるといったものがあります。

他にも、眠くなりがち、めまい、耳鳴り、吐き気、食欲が増すといったものも当てはまります。生理前は代謝機能が低下するため、顔色、吹き出物、肌荒れもチェックしてみるとよいでしょう。

心理上に現れる症状のチェックには、ゆううつになる、怒りっぽくなる、集中しにくい、やる気がなくなる、独りぼっちになってしまったような気がする、リラックスできない、泣きたくなるといったものがあります。

生理前に、これらのチェックポイントに該当するものがあれば、月経前症候群の可能性がありますよ。

月経前症候群の症状 腹痛の対処

月経前症候群はホルモンが変化することで現れてくる症状とされており、女性であれば誰もが発症する可能性があります。

実際、この症状は生理がある女性のうち、約8割に見られるともいわれています。中でも多いのは下腹部痛などの腹痛全般です。

生理周期で症状が変化しますので、気分が沈みがちである、すっきりしないという女性も多いのではないでしょうか。身体に現れる不調や下腹部の痛みなどが重ねて出て、とても憂鬱になるものです。

心理面では怒りっぽくなったり、落ち込んでしまったりします。個々人で現れる症状が違いますし、程度も全く違いますが、人によっては生活に支障をきたす場合もあります。

とりあえずの腹痛を止めようと、つい鎮痛剤に頼ってしまったりしますよね。軽度なうちならそれでもいいのですが、あまりに重いと自分が感じるなら、受診を考えるのもいいかも知れません。

スポンサードリンク

月経前症候群の症状を緩和させるには

月経前症候群の症状には、様々なものがあり、例えば生理が近くなると吹き出物や肌荒れに悩まされる人もいるのではないでしょうか。

他にもむくみや便秘、冷えなども挙げられます。中にはアレルギーが悪化し、日々の生活に支障が出てしまう人もいます。

月経前症候群でみられるこれらの症状は、ホルモン変化によって身体が代謝不全となってしまうからなのです。

つまり、新陳代謝が上手く進まなくなることで起こる症状と言えるでしょう。排泄機能も低下しますから、本来排出されるはずの水分が、体内に残ってしまいます。

新陳代謝が停滞気味となってしまうことが、吹き出物やむくみ、便秘に冷えと言った症状で現れてくるのです。他にも、下腹部の痛みや、人によっては腰が痛くなることもあります。乳房の張りを経験している人も多いと思われます。

月経前症候群の症状は、個人差がとても大きく、また現れてくる症状も様々です。一般的にみられる症状の他にも、めまいや喉の渇き、眠気や頭痛に悩まされる人もいるのです。

月経前症候群の症状を軽減するための対策としては、今のところは対処療法が中心で、食事に気を遣う、運動を心がけるといった生活習慣の改善に効果があるようです。

日々の工夫で症状を軽減するなら、まずは生活習慣を見直し、規則正しい生活を心がけるところから始めると良いでしょう。

まとめ

現時点では、男性には実感できない症状でもあり、また個人差も大きいために、周囲の理解を得られずに一人で悩む女性も少なくありません。

専門外来での月経前症候群治療は、一般的なものになってきています。治療可能な婦人科や専門外来も徐々に増えているので、受診してみることをオススメします。

症状軽減のためには、医療機関での受診や検査、必要であれば治療を受け、日常においては、規則正しい生活と栄養のバランスを考えた食生活に気を付けると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す