潜在酵素と食物酵素の関係~消化酵素や代謝酵素と食べ物

人間が固有に持っている酵素を滞在酵素と呼びます。滞在酵素は人間が固有に持っていますが、一生のうちに作れる量は一人ひとり遺伝子によって決まっており、限界があります。

潜在酵素

食物酵素とは食べ物に含まれている酵素のことです。体内に取り入れることによって消化酵素と同じ役割をします。

この2つの関係についてみてみましょう。

スポンサードリンク

潜在酵素は消化酵素と代謝酵素からなる

滞在酵素には大きく分けて消化酵素代謝酵素の2つがあります。


消化酵素とは

消化酵素は消化のための酵素であり、食べ物などを消化分解、吸収するための酵素です。

たんぱく質を消化させるプロテアーゼ、炭水化物を消化させるアミラーゼ、脂肪を消化させるリパーゼが三大酵素と呼ばれています。他に食物繊維分解酵素であるセルラーゼがあります。


代謝酵素とは

一方、代謝酵素の働きは、吸収した栄養素を体中にめぐらせる新陳代謝の役割をしたり、有害物質を体外に排出したりする働きがあります。

また身体の自然治癒力や免疫力を高める働きもあります。


消化酵素と代謝酵素は相互関係にあり、消化酵素が多く使われるとその分代謝酵素に影響を及ぼします。よって普段から体内の酵素を上手に機能させることが大切です。

人間の身体は滞在酵素の消化と代謝を繰り返すことによって健康が維持されているのです。

酵素は人間の身体にとって必要不可欠な要素であり、酵素を体内で正常に働かせるためにはいくつかの条件があります。まず生活習慣、食生活の改善です。

スポンサードリンク

そしてストレスをためないようにしたり適切な休息と運動も必要です。さらに体温は高めが良いでしょう。これらを実行することにより酵素を効率的に使用することができます。


食物酵素とは? 食べ物でとるべきもの控えるべきもの

食物酵素をたくさん取り入れると体内の消化酵素を使わなくなるので、結果的に滞在酵素全体を節約することにつながります。代謝酵素をたくさん作るようになり、身体の健康維持活動を活発にします。

食物酵素は加熱されていない食べ物や発酵食品に含まれています。それを加熱された食べ物といっしょに摂取すると消化が助けられるのです。

食物酵素を多く摂取するには火を通さずに食べることのできる食品を積極的に取り入れることが必要です。例えば野菜や果物、発酵食品では納豆、ヨーグルトなどです。

さらに体内の消化酵素を必要とする食べ物をなるべく控えることも望ましいです。インスタント食品や添加物や砂糖を使用している食品がそれにあたり、有害物質なので体外に排出しようとします。

一方、食べ物をよく噛んで食べることによって唾液を多く出し、酵素を無駄遣いせずに取り入れることができます。

しかし食物酵素を多く含む食品を普段の食事に取り入れるのは難しいことです。最近は農薬などの影響により野菜などに含まれている食物酵素の量は昔に比べて減少しているようです。

また、生のものばかり食べていると身体を冷やしてしまい、逆に身体によくありません。今は酵素の効果が多く知れ渡っているため、サプリメントなども豊富にあります。普段の食事と合わせて上手に摂取するよう心がけましょう。


まとめ

健康と美容のためにも、滞在酵素の機能をよく理解しておくことが重要です。

また、食物酵素については、ローフードなどの火を通していないものや、発酵食品を積極的に食べるということだけでも気をつけていれば、ずいぶんと違ってくると思います。

インスタント食品やジャンクフードばかり食べていると、やはり健康にはよくないということが分かりますね。

スポンサードリンク

コメントを残す