酵素食品の利用で効果的なのは? 市販のおすすめタイプはどれ?

酵素は人間の体の中にあり、生きていくためには必要不可欠な要素です。

食べ物の消化吸収を行い、新陳代謝を行います。体の中にある酵素の量は人によって決まっているため、不足する分は酵素を含む食品などで補うようにします。

酵素 食品 利用

しかし酵素の特徴をよく知っていなければ意味のないことになってしまいます。酵素食品を摂る際の注意や効果的な摂り方、種類などについてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

酵素食品を利用する際の注意点

まず酵素について知っておく点は、加熱すると壊れてしまうということです。酵素は野菜などに含まれていますが、いくら野菜を準備しても加熱調理をして摂取すると、酵素を摂ることはできません。

酵素は48度くらいから徐々に失われていくものなのです。生のままの野菜や果物、発酵食品をできるだけ毎日食べるようにしましょう。

また酵素は体の中にあって消費されますが、食生活を改善することによって無駄遣いを防ぐことができます。

インスタント食品や糖分を多く含むような食生活ばかりでは、酵素を多く使用してしまうので欠乏してしまいます。

酵素が不足すると体の中の消化機能がうまくいかず、有害物を外に出すこともできなくなってしまって体調不良を起こしてしまいます。そして様々な病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

また生の野菜や果物に多くの酵素が含まれているからといって、そればかりに偏って食べるのも体によくありません。特に生の野菜などは体を冷やしてしまうという側面ももっています。

毎日の食生活を振り返り、健康と美容のためにもできるだけ栄養バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

酵素食品の効果的な選び方

酵素は食べ物の中に存在するので私たちはそれを摂取することによって補っていますが、酵素が重要視されるようになってから酵素食品が数多く販売されています。

特に酵素は年齢とともに減少するので、中年層の人は購入をする機会もあるのではないでしょうか。

どのような酵素食品を選んだらよいのか、なかなか判断がつかない場合もあるかもしれません。酵素を選ぶポイントを知っておくことも大切です。

まず酵素は体内に3000種類以上あるといわれており、1つ1つの酵素は違う役割を果たします。よって単一のものだけでなくて、できるだけ様々な酵素が入っている方が良いのではないでしょうか。

また、酵素は液体化させると活性化しますが、活性化して3日程度で徐々に働きを失っていくものもあります。

反面、完全な粉末状にすると、微生物の働きが弱くなる場合もあるのです。さらに酵素は発酵食品にも含まれていて、発酵は熟成させる期間が長ければ長いほど体にとって有益なものとなります。

これらのポイントを踏まえ、口コミや評判などをきちんと確認してから酵素食品を購入することが大切です。

スポンサードリンク

酵素の市販品でおすすめのタイプはどれ?

最近は酵素食品や酵素飲料が多数販売されています。酵素食品といっても使用材料や発酵をどのようにしているか等によって違っており、ドリンクタイプ、ペーストタイプ、粉末タイプなど、形状も様々なものがあります。

あまりにたくさんの酵素食品があるので、初めて購入する場合などはどの酵素食品を選んでよいか戸惑うものです。

しかし、どうせなら酵素の効果を実感できるものを選びたいものです。

形状や金額などよりも酵素そのものの中身がいちばん大切なのは言うまでもありません。人間の体内にだけでもたくさんの種類の酵素があるので、やはり種類の多い原料を使用していて、適度な熟成発酵をさせているものが良いでしょう。

市販されているドリンクタイプの酵素は、植物や野菜、果物などを発酵熟成させて原液を瓶詰めにしたものです。液体なので、体内への吸収が優れているのが特徴です。

飲み物なので、なじみやすいのではないでしょうか。初心者さんには、ドリンクタイプがいちばんのおすすめです。

またペーストタイプになっているものもあります。それは半練状になっているので適量をすくって食べます。何かに混ぜて摂取するのも良いですが、温度に気をつけなければいけません。

そして粉末のタイプもあります。粉末なので外出時にも持っていくことができますが、食品というより薬を飲んでいるような感覚です。

さらにカプセルタイプの市販酵素もあります。色々な材料を発酵させ濃縮させたものをカプセルに閉じ込めたものです。カプセルに閉じ込めることによって成分を安定させることができています。中身は液状と同じになっているので体内への吸収が優れていますよ。

まとめ

酵素は人間が生きていくうえで必要不可欠の要素です。酵素の役割は非常に重要で、消化と新陳代謝が主な機能です。

食べ物を分解消化し、有害物質を外部に排出したり、新陳代謝の促進、ホルモンバランスの調整、血液の浄化を行う等、役割は多岐にわたります。

体内の酵素が減少して働きが鈍ってしまうとこれらの機能が悪化し、体調不良を起こして生活習慣病などの病気につながってしまう場合もありますので気をつけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す