インフルエンザ予防接種後の運動について 当日や腫れがあるときは?

秋から年末に向けては、仕事が忙しくなる時期です。こうした時期は何かと体調を崩しやすくなり、風邪やインフルエンザにかかってしまうことが多くなります。

そこで仕事が忙しくなる前に、インフルエンザの予防接種を受けておこうということになるんじゃないでしょうか。

インフルエンザ 予防接種 接種後 運動

インフルエンザの予防接種後の運動について、やってもいいのか、どのくらいなら許容範囲なのかなど、事前に知ってスケジュールを立てるようにしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種 接種後の運動について

今まで予防接種なんて受けたことがない人なら特に、予防接種後の注意点について知っておかないと、余計な体調不良を引き起こすので厄介なことになりますよ。

例えば、インフルエンザの予防接種の後に運動をしてもいいのかどうかです。

結論からいいますと、運動は原則禁止になっています。

予防接種はワクチンを体内に摂り入れるものです。病気ではないため、その効果が得られるようになるには少し時間がかかり、少しずつワクチンの効果が発揮されるのです。

普段から運動習慣がある人は、要注意です。犬の散歩を日課にしている人も、この日だけは誰かに代わってもらったりした方が無難です。

インフルエンザ予防接種後の運動 当日は避けるべき?

インフルエンザの予防接種後の運動は避けるようにということでしたが、その理由はワクチンを体内に摂り入れた後、病気への抗体が作られるからです。

しかも、すぐにできるわけではなく、接種後24時間をかけて少しずつ抗体が作られていきます。体内はいつもと違い敏感な状態になっています。目安は接種後24時間です。

そのため、運動をするなら次の日以降に行ったほうがいいでしょう。

運動といっても、体力や健康維持のための積極的な運動やウォーキング、水泳、筋トレなどは控え、動きの少ない散歩は大丈夫であると考えていいでしょう。

激しいスポーツや、明日運動会があるという場合も運動会の出場も休み、静かに過ごしたほうがいいですよ。あらかじめ、そういった予定があるなら、予防接種の日をズラしてくださいね。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種 腫れがあるときの運動は?

インフルエンザの予防接種をした後、そのワクチンは時間をかけて体内で抗体を作っていきます。その間免疫力が落ちていると、運悪くインフルエンザに感染してしまう可能性があります。

また、予防接種時に副作用・副反応で注射した部位が赤く腫れることがあります。他に赤くなったり、痛くなることもあります。これは抗体が作られているという意味があり、体が正常に反応してできているものです。

副作用が出たときも、当然運動は控えて安静にしておきましょう。正常な状態であれば、2~3日あればすっかり元の状態に戻ります。腫れが引くまでは運動は控えるべきです。

運動をすることにより、発熱や頭痛をもたらし、体がだるくなることもあります。接種後の24時間は、体調が劇的に変化している途上にありますから、やはり体に無理な運動は控えることが重要ですよ。

まとめ

病気ではなく単なる予防なので、習慣化されていたらうっかりスポーツジムなどへ行ってしまいがちです。ですが、注射をした日はおとなしく帰宅しましょう。

せっかく予防接種をするのですから、きちんと効果が現れやすくなるような環境で準備をしたいものです。

家でじっとしていられる日を選んで、予防注射の予約を入れるように心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す