月経前症候群の症状で眠気や腹痛があるとき妊娠に与える影響は?

排卵から生理までの約2週間の間に、ホルモン分泌の変化により、様々な形で現れてくるのが月経前症候群です。しかし実際は、この病名を知らないまま症状に悩んでいる人も多いのです。

月経前症候群 症状 妊娠

生理前後や生理中に眠くなるとか腹痛や腰痛がひどいといった場合、妊娠や出産に影響を及ぼす可能性もあるので、早めに月経前症候群を改善するようにした方がいいのです。

スポンサードリンク

月経前症候群の症状で眠気がひどい

月経前症候群には、眠くなってしまうという症状があります。生理前や生理中、眠いので睡眠が足りないと感じるケースもあるようです。

なかなか眠れない、ちゃんと眠っているはずなのにボーっとしてしまう、夜中に何回も起きてしまうという症状に陥るケースも見られます。

睡眠はとても大事なもので、健康とも深い関係があります。心理的な緊張により眠りが浅くなってしまうと、健康的な生活にも支障が出てきます。

月経前症候群対策においても質の良い睡眠の重要性は同じです。症状によっては、睡眠導入剤を処方するケースもあるほどです。

このままでは、疲労を回復することが難しくなり、時には体力低下にすら繋がってしまいます。神経過敏状態になりやすい、心理的に緊張してしまうというのが、症状の一つでもあります。

質の良い睡眠が取れないことを、あまり思い悩むのはかえってよくありません。まずは質のよい睡眠に向けて工夫してみましょう。

質のよい眠りには、薬による治療もありますが、自分でできる工夫としては、お風呂や運動も効果があります。

アロマオイルを落としたお湯で、心身ともにリラックスしましょう。リラックスできる音楽を聴きながらの入浴もオススメです。その後、軽くストレッチすると、より効果を得られるでしょう。

月経前症候群の症状っぽい腹痛がある

月経前症候群の症状には、生理痛や腰痛、腹痛などが挙げられます。こういった身体に現れる症状もありますが、心理的な症状も現れやすく、時には抑うつ状態にまで進んでしまうことがあります。症状軽減対策はぜひ行うようにしましょう。

月経前症候群の可能性があるなら、医療機関で受診することをオススメします。生理痛は定期的にやってくる身体の変化として、受け入れてしまっている人も多くいますが、あまりにひどい生理痛の場合、日常生活が困難となるケースもあります。

また腹痛がひどいのを放っておくと、子宮筋腫、不妊症へと進んでしまう危険性もありますので、受診するに越したことはありません。

受診することで、症状軽減に向けた体質や生活習慣の改善の指導も受けられます。生理痛がやわらぐだけではなく、より健康的な生活を過ごせるようになるでしょう。

月経前症候群だとは思っていなくても、生理が近付いてくると、怒りっぽくなったり、腰の辺りが重たいように感じたりする人も多いと思われます。

この症状は、個人差はありますが、生理のある女性であれば、何らかの変化を感じている人の方がずっと多いはずです。

スポンサードリンク

月経前症候群の症状が妊娠に与える影響は?

月経前症候群の症状を自覚している人が、妊娠や出産したいと思っている場合は、医療機関での健康診断をオススメします。

不妊症治療も近年では増えているようです。あらかじめ、専門外来で医師にチェックしてもらいましょう。

結婚する前に受けるブライダルチェックという方法もありますし、月経前症候群対策を医療機関で治療を受ける人も増えているようです。妊娠・出産にむけて、さっそく対策を立てていきましょう。

症状として現れる、怒りっぽくなったり吐き気を感じるという心理的なものや、乳房が張ったり痛みを感じたりするという身体的なものがストレスとなってしまい、妊娠への悪影響となってしまうケースもあり得ます。

症状を軽減することは、妊娠そのものに関わる問題であるとも言えるでしょう。月経前症候群により、妊娠が難しくなる可能性もあります。

この症状は、ホルモンの乱れによって代謝機能も乱れてしまうことや、栄養のバランスも乱れていたり、運動不足によっても起こるものです。

そしてこういった要因は、不妊症の要因とも共通しており、症状を改善していくことは、妊娠しやすい身体に改善していくことにもなります。

代謝機能も妊娠と無関係ではありません。排卵や受精、そして着床には、代謝機能が大きく関係しているのです。

まとめ

月経前症候群と妊娠は、とても深い関係にあります。女性の身体は、ホルモンが乱れることで、生殖関係機能にも乱れを生じやすくなっています。

将来的に妊娠や出産を考えている女性なら、見逃せない身体のサインでもありますので、専門医の力を借りて、月経前症候群を完全に断ち切る努力をしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す