40代女性がやるべきアンチエイジング方法とスキンケア

目尻のしわ、目元のくま、まぶたのたるみ、毛穴の開き・黒ずみ、シミ、ほうれい線、頬のたるみ、くすみ、首・額・眉間のしわ・・・こんな状態にうんざりしていませんか?

40代 女性 アンチエイジング

40代ともなると、驚くほどさまざまなお肌の悩みが現れてきます。見てみないふりをしていると、進行するだけで良くなることはありません。

ここで、お手入れをがんばって踏みとどまるか、あきらめてドンドン老けていくか、道は二つに一つです。がんばって踏みとどまる方を選びましょう!

スポンサードリンク

40代女性はアンチエイジングを考えるべき!

クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・美容液といった普通のお手入れをしているだけでは、年齢肌の悩みとは無縁となりません。

20代の頃の写真と比べてみると、明らかに冒頭のようなダメージが顔に蓄積されていることに気づくハズです。

しかし、中には40代、50代になってから「今の自分がいちばんキレイ」と言えるようになる女性も少なからずいらっしゃいますよね。

そういった方々は、アンチエイジングのために何を変えたのでしょうか?

まずは、肌悩みが出てきたところで、化粧品を見直しましょう。中には20代の頃から変わらないメーカーを使い続ける方もいらっしゃいますが、肌は確実に変化しています。

肌質も変わってきているはずなので、今の自分の肌質や肌悩みに合う化粧品選びから行なうべきです。

その上で、自分でできる顔筋マッサージを取り入れたり、パックをするなどのスペシャルケアを増やしたり、今までのスキンケアにプラスアルファ加えてあげることを考えましょう。

40代のアンチエイジング方法とは?

最近はフェイシャルエステサロンもずいぶんと安価になってきたため、定期的に通う人も増えています。

といっても、毎日に通うのはほとんどの方が無理だと思いますが、もし通うのでしたら、そのときにエステティシャンの方に施術を受けながらでもよいので自宅でのケア方法を聞いてみるとよいでしょう。

フェイシャルエステを受けてみて、その施術をまねてみるのも良いのですが、くれぐれもお肌を傷めないように気をつけましょう。

たとえば、洗顔料でマッサージというのは、フェイシャルエステではそのような仕様に作られた洗顔料を使うなどしているので、普通の固形石けんなどでマッサージすると、かえってお肌を傷めることが考えられます。

クレンジングにしても同様です。自宅でクレンジングしながらフェイスマッサージというのは、あまりお勧めできる方法ではありません。

基本に忠実に行うことが、自宅でのケアのキモだともいえます。あくまでもフェイシャルエステは特別なことであり、すべてを普段のケアに取り入れることはできないと考えましょう。

たとえば、ディープクレンジングは自宅ではできませんが、フェイシャルエステの施術後をキープするために丁寧なスキンケアを自宅で行うということは可能です。

また、フェイシャルエステを受けた後のお肌は、実は非常に乾燥しやすくなっていますので、保湿を心がけるなども自宅でのケアとして有効です。

自分へのご褒美として、またお顔のリセットとして月に1度ほど通えると、美肌を保ったりアンチエイジングにもお財布にも優しく効果的かと思います。

スポンサードリンク

スキンケアによるアンチエイジング 40代の場合

アンチエイジング対策には、しっかりとした保湿ケアが基本です。というのも老化の原因のひとつとして考えられるのが乾燥だからです。

年を重ねるごとに肌の水分量は減少していきます。それが、シミやシワなどの老化現象を引き起こす原因の一つとなるのです。

そういったことからも、エイジングケアは、基本的に保湿力の高い化粧品を使ってしっかり保湿ケアをしていく必要があるのです。化粧水・乳液・クリームだけでなく、美容液やパックも使いながら上手にケアしていくようにしましょう。

美容液やクリームなども、美顔器などを使ってしっかり浸透させていくようにしたり、エステなどに行きスペシャルケアとして、プロの施術を取り入れていくのも良いでしょう。

また、内側からのケアも徹底して行う必要があります。食生活等は、どんなものを取り入れていけば良いのかというのが大体分かっているかと思いますが、特に美肌に効果的な食材をどんどん摂取していくようにしましょう。

ビタミンやコラーゲンなど良い食材を選びながら、きちんと上質なものを選んでいくことが大切です。肌に良いものはどんなものか分かっているのに、それが実行できていない人等も沢山いるかと思います。

情報収集はインターネットで簡単にできる時代ですが、それを実行していくためには、自分のできることから始めていきましょう。

まとめ

40代はその年齢なりのケアがどうしても必要になります。たとえば、ちょっと年季が入ってるけど大切なバッグや靴などは、大切に扱ったり、お手入れをしたりしますよね。お肌も同じ感覚で大切にお手入れしてあげなくちゃいけません。

特に、スキンケアも生活習慣も若いころと同じというわけにはいきませんので、しっかりそのことを自覚しながら日々のケアに励みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す