唇の色素沈着を治す方法 そもそもの原因と正しいケア

アラフォーにもなると、どうしても顔にくすみが出てしまうのが悩みの一つでもあります。中でも、最近特に気になっているのが唇の色の悪さ!

唇 色素沈着 治す

芸能人がすっぴん写真をインスタやTwitterでアップしているのを見かけますが、みなさん、ほんのりとピンク色したカワイイ唇なんですよね~ 私もあんなクチビルになりたいっ!

というわけで、ピンクの唇じゃない人は、すでに黒ずんでしまった唇の色素沈着を治す方法や防止する方法を今すぐ取り入れるべきですね。

スポンサードリンク

唇の色素沈着を治す方法とは?

普段はお化粧をしているので気になりませんが、すっぴんのときには、唇がどす黒く見えてしまい、体の調子が悪いような印象に思われてしまいます。

もちろん、外出するときはちゃんと化粧をしているのでいいのですが、自宅ですっぴんでいるときに、宅配便など突然誰かがやってきたときには、焦ってしまうことも。

また、口紅を使ったときに、思ったとおりの発色をしないこともあるんですよね。こうした現象は、唇の色素沈着が原因だと言われています。

色素沈着が気になりだしたら、もう止まりません。だって第一印象も悪くなってしまい、不健康そうに見えてしまいますから。

そこで、即効性のある方法としては、それなりにお金がかかってしまいますがレーザー治療があります。レーザー治療は、唇の部分に美白用のレーザーを当てて、唇を薄いピンク色に戻すものです。

それ以外では、ハイドロキノンを配合した塗り薬や化粧品を使って、唇の色を元に戻す方法もあります。こちらはすぐに色が戻るわけではないので、気長にお手入れしましょう。

唇の色素沈着の原因は?

唇はとても繊細な部分です。夏場はそれほどでもなくても、冬場は乾燥することが多いものです。皮が剥けてカサカサになり、無理に取ろうとすると、出血することもありますよね。

そこでリップクリームが欠かせないわけです。一見、荒れていないように見えても乾燥はしがちですので、誰もが使った方がいいアイテムと言えます。

唇の部分は、薄くバリア機能もあまりありません。メラニン色素があまりありませんが、紫外線に弱い部分です。そのため、色素沈着が起こることがあり、色がくすんでしまいます。

唇の色素沈着は、気づかないうちに発生していることがあります。気づいたら、リップクリームやグロスなどで、唇をしっかりと保護し、強力なバリアを張るようにしましょう。

スポンサードリンク

唇が色素沈着しない正しいケアとは?

対症療法としていちばん簡単なのは、先ほどご紹介したリップクリームやグロスを塗ることです。

でも、もっと普段の生活に気を配り、自然なつやつやでピンク色をしたボリュームのあるふっくらした唇を目指してみませんか?

毎日のケアでは、リップを落とすクレンジングのときに、軽くマッサージしてあげましょう。マメにケアをすると色素沈着を防止することができます。

さらにリップ専用のスクラブもありますので、週イチのスペシャルケアとして使うのもよいでしょう。

また、食生活ではスナック菓子、お米、小麦などの糖質の多い食べ物を控えると、色素沈着が起こりにくくなりますよ。

まとめ

ファンデーションもアイラインも見事に決まったと思っていたのに、唇がどす黒いと、なんとなく気落ちしてしまうわけです。

赤ちゃんのようにプルプルでうるうるしたリップに憧れるなら、少し唇部分についての知識を仕入れておく必要がありますね。

スポンサードリンク

コメントを残す