顔汗を止める方法 異常な原因とかかないコツ

毎年、この季節が嫌でたまりません。なぜかどうしても汗をかきやすいのです。

当然ながら、季節柄暑くて汗をかくことは既に当たり前の領域に入っていますので、朝天気予報をチェックして今日の最高気温を確認したら、汗拭き用のタオルやハンカチを持っていく量を調節します。

顔 汗 止める 方法

暑くて汗をかくだけならこれだけで良いのですが、何故か更年期でも無いのにやたら顔からの汗がすごく、緊張しただけでもジワっとした感覚の後にダラダラとシャワーを浴びた後の様に汗が流れ、当然メイクも流れてしまいます。

この異様なまでの顔の汗かき、何とかしたいですよね。制汗スプレーを顔にかけるわけにもいきませんので、顔汗を止める方法、かかない方法をこの夏は試しましょう。

サラフェ

顔の汗を止める方法ってあるの?

実は、脇の下には上半身の汗を止めるツボがあります。腕を組んで脇の下に指先が届いたその辺りが、汗を止めるツボです。

ブラジャーを着けているとその位置がブラの締め付け上にあることが分かります。この位置は交感神経が通っている部分なので、そこを刺激する事で汗を止めることができるのです。

圧迫する部分が大きければ大きい程、汗を止める面積も大きくなるため、手の平で押してみたり、ブラのように常時締め付けのある下着をちょっときつめに着けることで、汗をかきにくい状態に保ってくれます。

顔汗を止めたい、または量を減らしたい場合は、いつもよりブラの締め付けを強化! ブラホックを一つキツイ所で留めるだけで、顔の汗の量が変わってくることがわかると思います。

ただし、ずっとキツくしておくのはおすすめできません。冷房のきいた室内などでは、元の位置に戻してくださいね。


また、顔汗をかきやすい人は普段から刺激物を好んで食べると言う習慣を持っている人が多いそうです。

もし当てはまるのなら普段の食生活を見直して、刺激の多いものや辛いすっぱいしょっぱい食品などを食べるのを控えるように心がけましょう。

スポンサードリンク


顔の汗が異常に出るのは何かのサイン?

人は顔に汗をかきやすい様にできているので、顔に汗をたくさんかいている方が健康的だとも言えます。

ただ、あまりにも汗がすごい人、例えばお風呂上りとか、いまプールから上がったばかりのような、そんな感じのずぶ濡れ感満載の顔汗は、もしかしたら顔面多汗症の可能性があります。

この顔面多汗症の原因は、交感神経が過敏に反応して汗をかく命令がたくさん出てしまうからにほかなりません。

もし多汗症と言う病に当たるなら、保険治療の末に汗が少なくなる可能性がありますので、他の人よりも明らかに顔からの汗が多いな~と感じたら、かかりつけの医院などに相談してみることをおすすめします。

また、体型が太り気味または肥満の人も、顔に大量の汗をかきやすいことが分かっています。顔汗を止める事を考えるなら、まずその体型を何とかする必要があるでしょう。


なるべく顔に汗をかかない方法は?

身体の汗には制汗スプレーなど、便利に汗をコントロールできる商品がありますが、顔にはなかなか有効的なモノがありませんでした。

そんな中でも、昔ながらあるハッカ油には、汗をコントロールする機能が高いことがわかっています。そのため、ハッカ油が主成分のタイガーバームのオイルタイプでも、同じ効果が期待できます。

そのスースーと冷たく感じる機能を、カラダに涼しいと錯覚させて汗を止めるのです。

顔の場合は、髪の生え際辺りに親指の爪くらいの量のハッカ油を塗ります。こうしておでこに付けることで、汗を格段に減らすことができます。

その状態で、水などを拭きかけたり、冷水で濡らしたおしぼりなどを当ててみてください。すると、まるでおでこだけ冷蔵庫の中にいる様な、極寒体験ができちゃいますよ。

皮膚の感覚を刺激して騙して、いまは暑くないと思い込ませて汗を止める方法です。

ただ、この方法は体温を下げるような効果があるわけではありません。あくまでも、涼しいと勘違いして汗が止まる方法なので、熱中症対策は怠らないようにしましょう。


まとめ

色々な方法で顔汗を止められる事が分かりましたが、実はこんな簡単なことでも汗が引きます。それは・・・

ハチマキを巻く ことです。

お祭りでおみこしを担いだりするときに皆が頭にハチマキを巻くのは、ただ単に威勢を良くするだけではなく、汗が目に入らないようにするのと、汗の量を調整するためなのです。

おでこの辺りをギュっと締め付けると、交感神経の活動を抑制して汗が止まりますが、ちょっと外では実行しづらいと思うので、家でお掃除したりする際に顔汗を止められるようにちょっと試してみて下さい。

サラフェ

コメントを残す