インフルエンザが治る期間の目安 寝て治す&薬飲まずに完治可能?

どんなに気をつけていても、かかってしまうのがインフルエンザです。治すためには、病院に行く人が多いですね。でも、病気は薬なしで気合で治す!という人もいるみたいです。

インフルエンザ 治る 期間

インフルエンザって、普通は何日ぐらいで治るもの? ひたすら寝て治すってアリ? そもそも自宅療養だけで治すことはできるのでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザが治る期間ってどれくらいが標準なの?

インフルエンザに感染すると、約1~3日程度の潜伏期間のあと、いきなり38度以上の高
熱が出るのが特徴的です。

他にも筋肉痛、頭痛、咳、喉痛み、背中の痛みなど、全身に症状が現れます。最上級の風邪、といったイメージでしょうか。

たいていは、10日ぐらいで症状は落ち着きます。

多くの人は、インフルエンザにかかると病院を受診すると思います。しかし、早く治すためには薬なしのほうが効果的ともいいます。

といっても、「気合い」で治すわけではありません。(笑)

風邪を引いて高熱が出るのは、身体の免疫がウイルスと戦っている状態です。これを薬で熱を下げたりすると、身体が免疫機能を上げようとして体温を高くしているところを無理に下げてしまい、かえって症状が長引くという説もあるのです。

インフルエンザを寝て治す 目安は?

通常の風邪の場合は、寝ていれば治るとも言いますが、インフルエンザは残念ながら単にひたすら寝れば治るというものでもありません。

特に、薬を飲まずして、自宅で早く治すためには、いくつか気をつけたいことがあります。

まず、食事方面で気をつけたいのは水分の補給です。インフルエンザの場合、食欲不振になるはずなので、普段の食品は思うように食べられません。

おすすめは、100%のりんごジュースやポカリなどのスポーツ飲料です。特に、インフルエンザにはりんごジュースが効くと人気ですね。すりおろしたりんごでもかまいません。

また、乳酸菌も効果があります。ヨーグルトや乳酸菌飲料など、無理なく食べられるものや飲めるものを積極的に摂るようにしましょう。

そういった心がけをしても、やはり早くても1週間はおとなしくしていた方が良さそうです。少し良くなったからとムリして出かけたりして、ぶり返すとさらに長引いてしまいますよ。

スポンサードリンク

インフルエンザの薬を飲まずに治すことはできる?

インフルエンザや風邪の薬というのは、そもそもその症状を和らげる効果しかありません。そのため、根本的に病気を治すためには、私たちが本来持っている治癒力によるしかないのです。

病院で処方される薬を飲んでも飲まなくても、インフルエンザを治すためにしたほうがいいことは共通しています。

それは、水分補給のほかにも、湿度を高く保つこと。ウイルスが活発にならないためにも、湿度は50%前後になるように、しっかりと調整しましょう。

相対湿度と微生物等との相関関係

相対湿度と微生物等との相関関係


さらに、体力がありそうならお風呂に入って殺菌することも効果的です。

ただし、抵抗力の低い高齢者や小さなお子さんは、重篤な状態になることもありますので、病院で診てもらい、医師の言うとおりにしておくほうが安心でしょう。

まとめ

インフルエンザや風邪は、普段から体の抵抗力を高めておくことで、感染を防ぐことができる類いのものだということがいえます。

もし、病気にかかったとしても、免疫機能が高い人は回復も早いので、普段の食事や生活から、免疫を高めるようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す