柔軟剤入り洗剤の使い方や汚れ落ち度ってどう? 人気ブランドは?

最近は節約志向にハマっているので、少しでもモノを少なくしようと、洗濯洗剤の見直しを進めています。今までアレコレ投入してたけど、いっそ一つでいいのかも・・・

柔軟剤入り洗剤 使い方

洗濯用の洗剤って、一体どんなのを選んだ方がお得なのかしら? 皆は何を使っているのかしら? 気になるのはやっぱり柔軟剤入り洗剤なんですよね!

スポンサードリンク

柔軟剤入り洗剤の使い方は? 柔軟剤いらないの?

柔軟剤入りの洗剤は、近年格段に増えています。数年前までは限られた銘柄しかなかったのに、今や柔軟剤入り洗剤の方がメインになりつつあると言っても過言ではありません。

また、自然派素材で作ったナチュラル系洗濯用洗剤の中には、特に柔軟剤が入っていないのに衣類がふんわり仕上がる商品もあるので、色々研究の余地がありそうですよね。

柔軟剤入りの洗剤は、洗濯中に柔軟剤を投入する必要がありません。自動投入機能が付いている洗濯機も多いですが、柔軟剤をイチイチ入れる手間が無くなる点では便利です。

ただし、一部の柔軟剤入り洗剤のブランドには、柔軟剤が別売りされていることもあって、よりふんわりさせたいとか、より香らせたいなら両方を使うような使い方を推奨しています。

普通の洗剤を柔軟剤なしで使うと、さすがにゴワゴワしてしまいます。柔軟剤が入っているからといって、洗剤より割高になることもありませんので、節約と時短の両方を叶えたいなら、最低でも一緒になっている柔軟剤入り洗剤を使いたいところです。

最初にいれるだけですので、いま使っている洗剤と同じ使い方をすればOK! とっても手間ナシでカンタンなのです。


柔軟剤入り洗剤の汚れ落ちってどうなの?

某有名メーカーのカスタマーセンターでは、柔軟剤入りの洗剤を初めて発売した頃は、「柔軟剤入りの洗剤なんて、汚れ落ちがイマイチなんじゃない?」と言うお問い合わせがひっきりなしだった、と言う話を聞いたことがあります。

それくらい、洗剤の衣類の汚れを落とす機能の重要性は高いと思われているし、柔軟剤が一緒だと汚れ落ちに不安がある、ということですよね。

柔軟剤入り洗剤の多くは液体洗剤でありながら、粉末の洗剤に比べると1回当たりの使用量が格段に少ないことが分かります。本当にこの量で汚れが落ちるの?と不安になるのも頷けます。

しかし、その少量でちゃんと汚れが落ち、さらに乾いた時には衣類がふんわり香りよく仕上がるということで、一度使ったらもう止められないという人が続出しているのです。

スポンサードリンク

柔軟剤入り洗剤で人気があるブランドは?

柔軟剤入り洗剤で人気不動のブランドは、やはりボールドです。

発売当初から何度も香りのリニューアルをしてきましたが、最近はいろんな香りのタイプを取り揃えています。

今日はマジメにあの香りにしようとか、ちょっとリッチな香りを楽しみたい時はこの香りにしようかなど、気分によって選ぶことができ、使い分けられますよ。

ジェルボール式の柔軟剤入り洗剤は、一粒を洗濯機につまんで入れるだけなので、計る手間もなく、こぼれたり手に付いたりすることもないため、大ヒット商品となっているのはご存じの通り。

その一粒で汚れ落ちはどうなのか?と言うと、ボールド史上最強の洗浄力とうたっているので、その辺りは期待してOK!


他の人気商品としては、香り続くトップが挙がります。いま量販店やスーパーで気軽に買える柔軟剤入り洗剤といえば、ボールドとトップの二大勢力と言っても過言ではありません。


さらに、名だたるタレントさんが愛用ということで人気の柔軟剤入り洗剤が、ミューラグジャスシリーズです。


>> ミューラグジャス【柔軟剤入り高級洗剤】

臭くなりがちな部屋干しでも、まるで海外の高級ホテルや高級サロンのような贅沢な香りが広がるということで、特に女子力の高い層から圧倒的な支持を得ています。

やや割高ではありますが、洗濯物の香りや洗い上がりのフワフワ感に命を賭けたい女子なら、試してみる価値アリでしょう。


まとめ

柔軟剤入り洗濯洗剤は、1本で2度美味しい洗剤なのですが、ここで一つ注意点があります。それは多くが蛍光剤と言う成分を配合しているということです。

蛍光剤は、白い衣類をさらに白く仕上げるには持ってこいの成分なのですが、ナチュラル素材で特にオーガニック系などに多い生成り地などの自然なカラーは、ちょっと白っぽい色にしていってしまうのです。

日々のワードローブにナチュラル系カラーの衣類がある場合は、蛍光剤の入っていない洗剤の使用をおすすめしますが、そういった洗剤の多くには柔軟剤は入っていません。

柔軟剤入りでかつ蛍光剤の入っていないものを探してみると良いでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す