HANAオーガニックの日焼け止めウェアルーUVは成分が優秀

日焼け止めと言ったら、化学成分がたっぷり入ってそうで敬遠気味だった人もいると思いますが、オーガニックでお肌に優しい日焼け止めだってちゃんとあります。

ウェアルーuv 成分

濃縮されたローズウォーターをベースに使っており、お肌をケアしながらUVケアをしてくれる優れものが、HANAオーガニックの日焼け止めウェアルーUVです。

そんなオーガニック処方の日焼け止めが人気の理由を、その用途や成分面などから検証してみましょう!

HANAオーガニックの日焼け止めがいい!

お手ごろ価格帯なのにUV効果がやたら高く、ドラッグストアやコンビニで簡単に手に入る市販の製品たち。実は化学成分がかなりてんこ盛り状態だと言えるのです。

対してHANAオーガニックの日焼け止めは、オーガニック植物成分の配合率を98%にまで高めた美容液に匹敵するほどの優しさの日焼け止めなのです。

日焼け止めの効果を左右すると言われている紫外線を分散させる効果のある成分は、普通の日焼け止めだと化学的な成分が使われています。

HANAオーガニックのウェアルーUVという日焼け止めは、紫外線を分散させる効果のある成分の殆どがオーガニックの植物から抽出した成分を使っています。

100%天然で濃縮ローズ配合のオーガニックUVミルクは、敏感肌の方や乾燥肌の方まで気兼ねなく使えると人気なのです。

HANAオーガニックのウェアルーUVは化粧下地にもなる

最近の日焼け止めには美容成分が含まれているものも多くなってきましたが、HANAオーガニックのウェアルーUVの美容成分もハンパありません。

日焼け止めでありながらも妥協を許さずに、オーガニックの植物原料にこだわって作られているからです。

本来なら化学成分を使って楽に紫外線を分散させる所を、植物成分で分散させると言う神業的な方法で作られているのです。

外出しない日はこれ1本でよく、肌色の乳液状となっているため、ファンデなしでもお肌を明るく見せてくれます。

また、SPF30 PA++なので、化粧下地としてもこの上にパウダーファンデやブレストパウダーなどを重ねるだけでバッチリです。

ただ、ウォータープルーフではないので、汗をたくさんかいたり水に濡れたりすると、化粧と一緒に落ちてしまう可能性がありますので、こまめに塗り直すと良いでしょう。

もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV

ウェアルーUVの成分に毒性はない?

HANAオーガニックのウェアルーUVの中には、微量ですが鉱物資源も含まれています。紫外線を分散する効果の高い酸化亜鉛や酸化チタン、着色料として配合されているシリカやマイカです。

これをお肌に使っても大丈夫?と思う人もいるでしょうが、これらの成分は赤ちゃんのおむつかぶれ防止などに使うベビーパウダーにも含まれているような安全な成分です。

そのため、毎日使いつづけても、よっぽどその成分にアレルギーを持っている方や肌荒れしやすい体質の方以外は、使用しても特に問題のない量しか配合されていません。

他にも、タール系色素や合成ポリマー、シリコン無添加など、お肌にストレスを与えるような成分は排除されています。

サイトでは全成分が公開されていますので、アレルギーなどを持っている方はしっかりとチェックすることが可能です。


まとめ

クレンジングを必要とせず、石鹸で簡単に落とせます。白浮きしないので、このままファンデなしでも特に不自由を感じません。

また、30日間の全額返金保証がついていますので、気になる方はリスクなしにお試しすることができるのも嬉しい制度でしょう。

ウェアルーUV

日焼け止めでも美肌ケアをはじめましょう!


コメントを残す