虫歯の治療費が払えない… 平均はいくら? ひどい場合は? 奥歯編

虫歯になると痛みがズキズキして、ご飯を食べられないどころか、眠れないといったトラブルまで出てきます。早く良くなりたいけど、気になるのがその治療費ですよね。

虫歯 治療費 払えない

特に本数が多くなればなるほど、治療費はかさみます。虫歯の治療費っていったいいくらくらいかかり、それらは分割払いなどはできるのでしょうか?

スポンサードリンク

虫歯の治療費が払えない…分割払いってできる?

人や年齢によって違いはありますが、保険診療というのは3割負担です。つまり、残りの7割は国民保険や社会保険料として、毎月支払っているお金から負担されています。

ですので、保険治療を受けるということは、基本的には分割払いはできません


保険なしの場合、いわゆる保険外治療を受けるなら、歯医者さんによってはクレジットカード払いやローンを組める歯科医院もあり、分割払いが可能なケースもあります。

保険治療の銀歯では、笑ったときに金属が見えてしまうため、保険外治療のセラミックにする人も増えているようです。

セラミックの目安は1本10万円前後でやっている歯科医院が多く、分割払いを実施している歯医者さんもたくさんあります。


虫歯の治療費の平均的な料金は?

奥歯の虫歯の治療には、保険で受けられる治療としては主に2種類あります。

1つは歯が欠けたときで、虫歯の範囲が小さい場合はコンポジットレジン修復といって、白い詰めもの治療をします。この相場はおよそ、3割負担の方で約2,000円です。

ただし、虫歯の治療をなるべく痛くないようにということでレーザーを用いた場合、レーザーを使ったことによる追加料金が1,000円くらいかかってきます。


2つ目は虫歯の範囲が大きく、歯の頭がほとんど虫歯でなくなってしまっている場合で、銀歯の治療になります。

これは虫歯の範囲が大きいと、奥歯は体重の5倍近くの力がかかるため、白い詰めものでは欠けてしまうから銀歯となってしまうのです。

治療は最短でも1回目が削る処置、2回目が銀歯を入れる処置、3回目がかみ合わせを見る処置となるため、総額で1万円前後が必要なことが多いです。

スポンサードリンク

虫歯がひどいときの治療費はどうなる?

先ほど説明した治療は、虫歯の範囲が歯の神経まで及んでいない場合です。

虫歯をあまりにも放置すると、歯がボロボロになって神経まで虫歯が及び、神経を抜く必要があります。この場合は、神経の治療が必要となるため、別で2,000円近くかかってきます。

しかし、虫歯による歯の炎症が強いと、根っこの治療は回数がかかります。2回目以降の根っこの治療はおよそ500円くらいとなります。

あまりにもよくならないと長引くため、何回かかるかはわかりませんが、たいていは根っこの治療で3回程度、そして歯がボロボロなので土台を立てる治療、その後に土台を削ってかぶせ物を作り、かぶせ物での治療を行います。

もちろん歯医者さんにもよりますが、根っこの治療が必要となった場合、最短で6回ほどの通院が必要となると覚えておくといいでしょう。

費用の目安は、根っこの治療費用が約3,000円、土台とかぶせ物の治療で約15,000円トータルでおよそ2万円ぐらいになります。


さらに虫歯が進行しすぎて歯を保存できない場合は、歯を抜く必要がでてきます。歯がないため、保険治療では前後2本の歯を削ってブリッジという治療となります。

ブリッジの治療は、3割負担の方で総額およそ15,000円近くとなります。


まとめ

途中で歯科治療を中断してしまうと初診に戻ってしまうため、そのたびに初診料が余分にかかる場合もあります。

虫歯は進行すればするほど、治療期間が長くなり、治療費用も高くなります。そうならないために、少しでも歯に違和感を感じたら、歯医者さんに行って治療を受けましょう。

また、半年に一度くらいは定期検診を受けておくと、虫歯を早く発見することができます。検診はおよそ3,000円程度です。治療費用と時間をかけないためにも、早め早めに治療を受けましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す