おでこの生え際ニキビがなかなか治らない…治す方法は?

おでこの生え際にニキビができやすくて悩んでいるという方は、意外とたくさんいるようです。中には、治ったりできたりを繰り返す人も多いんですよね。

おでこ 生え際 ニキビ

ここは目が届きにくい部分でもあるので、ケアを怠りがちになってしまうんですよね。そんなおでこの生え際にできる、ニキビの原因と改善方法についてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

おでこの生え際ニキビの原因は?

おでこの生え際にできるニキビの原因のひとつとして、いちばんに挙げられるものとしてシャンプーやリンスのすすぎ残しがあります。

シャンプーやリンスには、それなりに化学成分が含まれています。洗髪するときに生え際部分のすすぎが十分でないと、シャンプーやリンスの化学成分が生え際部分に残ってしまい、肌が刺激されニキビができやすくなるんです。

また、ワックスなどの整髪料の洗い残しも、ニキビができる原因となります。

さらに、きちんとメイクを落とし切れていなかったり、洗顔料のすすぎ残しがあったりすることもニキビができる原因となりますよ。

意識して、生え際までしっかりと洗ったりすすいだりするようにしましょう。

こういった洗い残し以外では、たとえば枕カバーを洗わずに何日も使用しているといった状態だと、カバーに付いている汚れがニキビの原因となることもあるのです。


生え際のニキビが治らない理由

おでこをはじめとした顔周りの生え際のニキビがなかなか治らない・・・という人は、その生活習慣に問題があることが多いものです。

一時的なスキンケアでニキビを直しても、生活習慣を変えない限り、またすぐにニキビができてしまいます。

にきびが治ったりできたりを繰り返しているようなら、生活の中にNG習慣があるのかもしれませんので、まずはそこから見直してみましょう。

次に挙げるような項目に気をつけることで、必ずニキビは減りますので、がんばって習慣づけをしてみてくださいね。

スポンサードリンク

生え際のニキビを治す方法

生え際にできてしまうニキビを改善するためには、下記のような日常の習慣に原因がないかチェックしてみましょう。


洗顔やシャンプー剤のすすぎ残し

まず、洗顔する時や洗髪するときに生え際部分を十分にすすぐことです。

お風呂でシャワーを浴びる場合は、生え際部分まで洗いやすいのですが、シャワーを浴びることができない洗面台などを使った場合は、洗い残しがないように気をつけましょう。


洗いすぎに注意

反対に、ニキビができないようにと過剰に洗い過ぎると乾燥してしまい、かえって皮脂分泌が増える場合があります。適度に優しく洗うようにしましょう。


寝具を清潔に保つ

前述の通り、寝具が清潔でないと、ニキビの原因になることがあります。枕カバーは、こまめに洗うようにしましょう。もしくは、タオルを敷いて毎日交換するのが楽でおすすめです。


ストレスに気を付ける

ニキビの原因のひとつとして、ストレスも大きく関係します。ストレスがあると皮脂の分泌が活発になりニキビができやすくなるからです。


食生活の見直し

やはり、食事にも気を付けることが必要です。脂っこいおかずやお菓子ばかりを食べ、野菜や果物を食べないでいると、ニキビができやすくなるので気をつけましょう。


まとめ

以上のような点を、チェックしてみてください。まったく当てはまらない、と言う人はいないと思います。どれかあてはまるものを見つけたら、そこから改善してみましょう。

こういったちょっとした生活習慣の見直しで、おでこの生え際ニキビは格段に減らすことができるのでがんばってみてください。

逆に、これらを改めてもまったく治らないようなら、内蔵系の疾患があるかもしれませんので、皮膚科を受診する方がいいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す