オーガニック化粧品の定義と原料から見るおすすめコスメはコレ!

最近はアトピーだけじゃなく、アレルギーやちょっとした敏感肌など、お肌になにかしらのトラブルを抱えている女性が増えています。

昔は大丈夫だったのに、最近は愛用の化粧品が合わなくなってきた、ということも多く聞かれます。

オーガニック 化粧品

あまりにヒドいようなら皮膚科へ行くべきですが、そこまでもないな、と言う場合は敏感肌化粧品で抑えるのではなく、オーガニック化粧品を使って肌を強く育てる方がおすすめです。

スポンサードリンク

オーガニック化粧品の定義とは?

そもそも、オーガニック化粧品と普通の化粧品にはどんな違いがあるのか知っていますか? 天然の自然成分が含まれているから、オーガニック化粧品と言うわけではありません。

オーガニック化粧品は、肥料や農薬といった化学合成成分を使っていない化粧品です。有機素材は、肌への刺激も少なく、敏感肌や乾燥肌の人でも肌に余計な負担をかけることなく、優しく使用できることから人気がでています。

オーガニック化粧品は、無添加化粧品や自然派・天然由来の化粧品とは少し違い、防腐剤や石油系界面活性剤が含まれていない化粧品です。

天然由来成分とは、天然の素材を加工して作った化粧品だということです。オーガニックと決定的に違う点は、化学合成成分が少しだけ含まれている可能性があることです。

オーガニック化粧品は、基本的に化学合成成分を全く使っていないと考えていいでしょう。


オーガニック化粧品の原料は何が違うの?

無添加や自然・天然由来の化粧品があるのに、オーガニック化粧品を使うのはどうしてなのでしょう?

名前からすると、どちらもよく似たイメージがありますが、オーガニック化粧品は、石油由来の化学合成成分を全く使っていない化粧品です。

スポンサードリンク

無添加化粧品は、化学合成成分を使っていますが、安全性を高めた化粧品として販売されているものです。

オーガニック化粧品は、作用が穏やかで、体質や肌質を変えるような根本的な効果がある化粧品だと考えてください。

例えるならば、梅肉やお酢といった滋養を高めるようなものなので、じわじわとお肌に効いてくるから不思議ですよね。

化学合成成分を使った無添加の化粧品は、直接作用を及ぼし、症状に対しては一時的ですが強い作用を及ぼすものなのです。


オーガニック化粧品のおすすめ

オーガニック化粧品は、科学的なアプローチによるものではなく、伝承的な植物療法を元に作られたものが多く、そのため科学的な裏付けがなく使用されてきたものも多いです。

しかし、今まで使ってきた実績がものを言うことから、何世代にも渡って実証されてきたものだともいえるでしょう。

オーガニック化粧品でオススメのものは、貴重なホワイトローズエキスを大量に配合したローズピュアホワイトスキンエッセンスやオーストラリアで世界で初めて国際的に認定されたマイエッセンスと呼ばれるオーガニック化粧品などです。

また、香りを楽しめるロクシタンなども、とても人気のあるブランドでしょう。ネット通販でも購入しやすいので、住んでいる場所に限らず手に入りやすいこともあります。

日本製ならHANAオーガニックがなかなかお手頃なお値段のオーガニック化粧品として展開しており、アンチエイジング効果なども得ることができます。


まとめ

オーガニックかどうかの前に、やはり自分のお肌が変わる実感を得られるかどうかがカギになりますので、コスメカウンターで何日か分のサンプルがもらえると安心です。

しかし、サンプルをなかなか1週間や10日分もいただけることはないため、トライアルセットなどでお試しができるといいですよね。

いくつかのブランドからはトライアルセットやトラベルセットが出ていますので、まずはそういったものをお試ししてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す