爪がグリーンネイルになったときの治療法は? 原因と対処方法

ネイルサロンでの爪のおしゃれ、最近はいろいろなデザインを選べるので楽しいですよね。

でも、定期的にネイルを続けているうちに、ふと爪の異常に気付いたことはありませんか? ジェルをしていると、爪が何となく緑がかって変色した状態になる「グリーンネイル」になってしまうことがあります。

グリーンネイル 原因

グリーンネイルとは、どんな病気なのか、どのように対処するべきなのかについてまとめてみました。ネイルのおしゃれを楽しむ人は、きちんと理解しておきましょう。

スポンサードリンク

爪がグリーンネイルになったときの治療法は?

グリーンネイルは皮膚科で治療できます。

皮膚科で行われる治療には、抗真菌薬が用いられることが多いです。抗真菌薬には外用薬と内服薬があり、血液検査でどちらの薬が適しているかを調べてから処方されることもあります。

グリーンネイルは、爪が伸びて、緑色に変色した部分がなくなるまで治療を続ける必要があります。その間はネイルをお休みしましょう。

多くの人に該当する初期のグリーンネイルであれば、2週間程度で完治することもありますが、爪と皮膚の間に菌が入り込んでしまっている場合は、1年近くかかることもあります。


グリーンネイルの原因

グリーンネイルは、爪が緑膿菌という細菌に感染して起こるケースが多くなっています。緑膿菌は、私たちの身の回りにいる常在菌の一種です。

普段は、特別悪さをするわけではないのですが、体調が悪くなったりすると、グリーンネイルのような症状を引き起こすことがあります。

特に、マニキュアなどを長い期間塗っていて、爪の端が破損してしまったり、いつも水仕事をしていて、常に爪が湿った状態にあると感染しやすくなります。

さらに、ジェルやスカルプをしている場合、浮いてしまった部分に水分が溜まってしまうことがあるため、気づかないうちに感染してしまうことも多いのです。

さらに、繁殖してしまった緑膿菌は、他の人にもうつることがあります。なので、見つけたらできるだけ早く治療しましょう。

スポンサードリンク

グリーンネイルの対処法

もし、グリーンネイルかなと思ったら、すぐにつけ爪やマニキュアの使用をストップし、ジェルならすぐに全オフしましょう。

そして変色している爪の周囲や指は、常に清潔に保つようにします。

グリーンネイルの原因となっている細菌は湿気を好むので、水仕事や入浴のあとは、できるだけ早く患部を乾燥させるようにします。

ひどいグリーンネイルになってしまうと、自然治癒することはまずありません。たかが爪、と思わずに、早めに皮膚科で診療を受けるようにします。

一見、グリーンネイルなのか、ポリッシュの色素沈着なのか判断がつかないことがあります。心配ならやはりプロに見てもらうのが一番ですので、資格を持ったネイリストさんか皮膚科で相談しましょう。

また、完治するまでは、ネイルでのおしゃれはできません。緑色に変色した爪を隠したくなるものですが、ネイルを続けているといつまでたっても完治しなくなりますよ。

グリーンネイルにならないようにするためには、信頼できるネイルサロンでこまめにケアしてもらうこと、ネイルが浮いたままにしておかないことなどがあります。

特にジェルネイルを使っていると、グリーンネイルになってしまうケースが多いので、自分できちんとお手入れができない人は注意しましょう。


さいごに

グリーンネイルをカビと表現する人もいらっしゃいますが、カビではありません。ちょっと怖いけど、そんなに心配する必要もありません。私も3度ほど経験しています(笑)

ネイルサロンでグリーンネイルの人のジェルオフをした場合、使ったファイルやエメリーボードなどは捨てる必要があります。できれば、自宅のネイル道具も、捨てられるものは捨てた方がいいんだとか。

ネイルの上から分かるくらいひどくなるまで放っておく人はいないと思いますので、それほどの期間を置かなくても完治する人がほとんどです。

寝る前にネイルの状態をしっかりチェックして、ネイルオイルを塗る時に浮きを確認するくらいのことはしておきましょうね。


スポンサードリンク

コメントを残す