夏はお尻にも汗! 椅子に座るときの対策をパンツで考える?

椅子に座ると、どうしてもお尻に汗をかいてしまうんです。友人は、私もかくから気にしない方がイイよって言ってくれるんですが、かく量がけっこう多いんですよね。

夏 お尻 汗

服だけ濡れるならまだしも、座った椅子も塗れてしまうので、椅子の座面が布製だった時は気付かれないようにタオルで必死に拭いています。

あと、自転車に乗っている時もすごい汗をかくので、うかつに誰かとサイクリングになんて行けません。もしかしたら、このぽっちゃり体型が何か関係しているの?・・・


ラプカルム

夏になるとお尻に汗をかきませんか?

夏、スポーツ観戦などで座席に座った後、自分の座った場所だけ濡れている、と言う人は結構いるようですが、特に何も対策を取っていない人も多いですよね。

しかしお尻から大量に汗をかいた場合、お尻が汗かきだと知らない人から見たらおもらしか?と疑われてしまうこともあるので、人になかなか相談できずに悩んでいる人もいることでしょう。

お尻からたくさん汗をかくのは、局所多汗症と言う症状が疑われます。どうしても気になる!と言うなら、病院などで受診してみた方がいいのではないでしょうか。

また、お尻だけ、とか脇の下から、など部分的な汗かきの人のその症状は遺伝率が高いので、家族または親族の中にお尻が汗かきの人がいて、そこから遺伝してやってくる場合も多いのです。

お尻の汗が椅子に残る・・・

お尻からかいた汗が、衣類を通って椅子に染みだしているという状況は、レストランの座席や電車の座席でそれが発覚した場合に、座席を拭くなどの後始末ができないところがいちばん恐怖に感じると思います。

公園のベンチなどでは拭いて去ることって不自然に見えませんが、ほかの椅子に座るタイミングの時って、確実に座席が塗れてしまった時に怪しまれる可能性大ですもんね。

このお尻の汗の原因は、遺伝的な要因以外にも食生活や体型も関係しています。普段の食事で、辛い物などの刺激的な食事が多めの方は、お尻からの汗の量が多いと言われています。

これは、交感神経の活動を活発にしてしまうので、それが原因でお尻からの汗を増加させているのです。

辛い物の他にすっぱいモノや苦いモノなどの刺激が強いと、お尻に汗をかきやすくなるので、なるべく刺激的な食事やお菓子は控えた方が良さそうですよ。

また、最近注目の強力な制汗成分である塩化アルミニウム液を事前に塗っておくのもおすすめの方法です。

まだ日本にはこの成分を使った制汗剤はあまり多くはないのですが、多汗症クラスの汗も止める効果があるそうなので、ぜひ試してみて下さい。


ちなみに、脇汗がひどい人用のクリームがありますが、ワキ以外でも高い制汗効果を発揮してくれるものになっています。顔以外の全身に使えます。
朝塗れば1日中脇汗知らずのラプカルム


また、こちらは顔専用のジェルです。顔が大丈夫なら全身にいけるでしょう。今なら60日返金保証付のキャンペーンをやっていますので、約2ヶ月間その効果のほどをお試しできちゃいますね♪
顔汗用・制汗ジェル

お尻の汗対策 パンツ編

とりあえず、もし多汗症だったとして治療に励むとしても、症状が緩和するまでにそれなりの時間を要しますので、それまではお尻の汗は下着で椅子に伝わるのを阻止しておきたいところです。

下着と言っても、普通に綿100%の下着では防ぎきれませんよね。ヒドい人だと、その上からジーンズを穿いていても染みてしまったりしますから。

椅子に染みる程の汗をかくのですから、本来は下着程度では防ぎきれないのです。

では一体どうすれば良いのかと言うと、最近流行の布ナプキンがおすすめです。布ナプキンを使用する場合は、お尻の方までカバーする夜用を使用して下さい。

布ナプキンは吸水量に限界が生じると椅子の方に染みてくるのではないか?と思われますが、普通の下着と違い、一番下の布地の内側には防水加工が施されているので、そう簡単には染みてこないのです。

気になるようなら、その都度こまめに新しいモノに付け替えると良いでしょう。

その上で、汗じみが気にならない素材のパンツやスカートなどのボトムスを選ぶようにすれば完璧です。

お尻汗が一発で止まる制汗剤見つけました!

顔汗を止めるサラフェは肌にも優しくていいのですが、やっぱりお値段が高いので、顔専用にしないともったいないですw

顔汗用・制汗ジェル サラフェ

薬局が独自開発したこちらの制汗剤オドレミストは、これ1本でワンシーズン超えられるんじゃないかというくらいの量がありますし、プチプラでおすすめ!

【制汗剤】オドレミスト 60ml 新発売!od1

お尻汗が止まる制汗剤

ワタシ的にはいちばん分かりやすい「うなじ」「ワキ」「お尻」に、お風呂上がりで乾いた肌にシュッシュッと3プッシュずつ噴射。うなじはちょっと痒くなりそうな感じでムズムズとしましたが、ワキやお尻は平気でした。

次の日、自転車に10分ほど乗ったところ、到着してから額や背中からは分かるくらい汗が出たのに、プッシュした箇所は湿りもせず!(≧∇≦)

あちこちの汗を止めてしまうとカラダにとって良くないので、あまり外から見て分からないようなオナカ周りとかは使わずに、着る物によって微調整すればイケますよ、コレ。

広い範囲に塗りたいなら、手にとって塗り込んでもいいし、肌が弱いならコットンに噴射してからそっと塗り込むといいと思います♪

さすがに塩化アルミニウム配合なので、顔は避けてくださいませ。顔に使うならサラフェにしておいた方がいいですよ。

まとめ

お尻の汗は、誰しも基本的にはかく場所ですが、風呂上りの様にびしょびしょにかいてしまう場合は多汗症を疑った方がよいですよ。

しかし、それでも受診するのに抵抗があると言う場合は、ぜひこれらの方法を試してみてくださいね。

さらに、親しい友人や家族だけには、お尻の汗がすごいとカミングアウトするのもありでしょう。お尻の汗を理解してくれる人がいるだけで、今まで気を使ったり気を張っていた部分がかなりラクになる可能性も出てきますから♪

サラフェ

コメントを残す