アロマで快眠できる香りはコレ! スプレーやグッズを集めよう!

最近、毎晩寝る前のスマホがやめられなくて眠れません。

スマホ見なきゃイイんじゃないの?って話だけれども、SNSの友達の更新もチェックしたいし、ねこあつめもしたいので止められませんw

アロマ 快眠 香り

それでもしっかり眠れる方法があったらなぁ~と思っていたのですが、やっぱり頼るべきはアロマだということを実感! スマホの後でもリラックスして眠りにつけますよ。

スポンサードリンク

アロマで快眠できる香りを選ぶならコレ!

一般的に快眠できると言われている有名なアロマの代表格といえば、なんと言ってもラベンダーです。ラベンダーのリラックス効果は非常に高く、睡眠薬に匹敵する効果を実感する人もいるほどです。

何も付いていない布団で眠っている時よりも、ラベンダーの香りの付いた布団で寝ると、長くノンレム睡眠に入っている事が分かっています。

これなら、深い眠りを長時間持続する事で、脳と身体を休めて蓄積した疲労を回復する事ができるのです。


また、シダーウッド(エッセンシャルオイル)に含まれているセドロールと言う成分は、ヒノキや杉に多く含まれています。

自然な樹木の香りであるセドロールを嗅ぎながら就寝すると、寝つきが良くなり、夜中に目を覚ます回数が減ったり、またはなくなったりする効果が報告されています。

ゼラニウムも心配事などの感情の起伏を押さえる効果があるので、何か悩み事がある時や不安な事がある時などに嗅いで布団に入ると良いでしょう。


また、民間療法で保育園などで使用されているのが、みじん切りにした玉ねぎです。玉ねぎのあの涙が止まらなくなる成分である硫化アリルには、リラックス&睡眠誘因作用があります。

ただ、強烈なニオイが分かるように部屋に置くのではなく、ニオイがするかしないか程度の少量を置いておくだけで効果があります。

アロマオイルが手元にないという場合は、試してみる価値はありそうですね。

快眠できるアロマスプレーは手作りもできる

本格的なアロマテラピーのセットでオイルを炊くのは面倒くさい・・・と言う人におすすめなのが、アロマスプレーを吹きかけることです。

アロマスプレーは、エタノール少々と水と、お好みのアロマオイルでカンタンに作れます

エタノールは、無水エタノールを薬局などで購入して下さい。水30ccに対して、エタノールは5cc程度必要です。

お好みのアロマオイルは、いろいろ使ってみて良かったものでも、ちょっとお試ししてみたいものでも良いです。前述のアロマを参考に選んでみてください。

オイルはスポイトから10滴程度を垂らして下さい。よく振って混ぜ合わせたらアロマスプレーの完成です。お部屋に一吹きしても良いですし、いつも使っている布団に吹きかけても良いですね。

夜眠るとき以外では、ちょっと落ち着かない時やリラックスしたい時にも使えるので、アロマスプレーをひとつ作っておいても損はないでしょう。

スポンサードリンク

快眠につながるアロマグッズに注目!

心地良い眠りを促すアロマのアイテムを活用して、いつでも快眠できる様な環境作りをしていくのも楽しみの一つになってくると思います。

火をともすだけで、幻想的な明かりとリラックスできる香りの2通りが楽しめるアロマキャンドルや、布地でラベンダーやマジョラム・カモミールなどのハーブを包んで忍ばせるサシェなども効果的です。

枕の下に置いたり、お出かけの際に持ち歩いたりすることもできるので、お好みでいくつか作っておくと便利に使えます。かんたんな手芸の経験があれば誰でも作れる手軽さなので、ぜひ挑戦してみて下さい。

また、もっとアロマテラピーを実践したくなった方は、アロマオイルを炊く香炉やアロマ加湿器などもお勧めです。

無印良品などでもたくさんの種類がありますので、ちょっと覗いてみてはいかがでしょう。

まとめ

香りは、心理的にも精神的な部分にも大きく作用する事が研究で明らかになっています。

この事から、上手く眠りに入りやすいアロマを効果的に選んで、眠れない夜をムダに過ごしていたその時間を、良質な睡眠時間へと変えることができるのです。

夜寝る前にスマホをいじっている人だけではなく、普段から睡眠が浅いと感じる人は、時には香りの力を使ってみると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す