スキンケア

オーガニックコスメで人気のブランド 成分や認証について見直そう!

更新日:

季節の変わり目や加齢によってお肌の調子が悪くなってきたとき、敏感肌用の化粧品に変えようかとか、無添加がいいとかオーガニックがいいとか、なんとなくお肌に優しげなスキンケアを選びたくなるものですよね。

オーガニック コスメ 人気

けれども、それらのスキンケアの垣根って、案外不明瞭ではありませんか?

その響きや人気モデルさんが使っていたりすることから、オーガニックコスメも注目を浴びている存在ですが、いったいどれが本物のオーガニックコスメなのでしょう?

オーガニックコスメで人気のあるブランドは?

オーガニックコスメは、ケミカルコスメよりも肌に優しい天然成分を使っていることもあって、肌トラブルの多い女性や敏感肌、乾燥肌の女性にも大変な人気が出ています。

日本のコスメの分野では明確な基準がなく、オーガニックコスメといえば、有機栽培された植物を使って製造されたものだということになります。

そんなオーガニックコスメにも数多くの種類があって、今ではデパートやネット通販といったいろいろな場所で手に入れられるようになっていますよ。

日本とは違い、海外のブランドはオーガニックに対する基準が厳しくなっています。

ブランドとしては、ヴェレダ、ラヴェーラ、デザートエッセンス、アンネマリーボーリンド、オリジンズ、ロクシタン、アヴェダ、キールズなどが人気を集めています。

優しい香りや肌につけたときの感触など、実際に手に取って使ってみて、本当に自分の体に合うのかどうかを確かめてから購入するようにしたいものです。

オーガニックコスメで使われる主な成分について

日本でオーガニックコスメと呼ばれるには、明確な規定や法律がないので、オーガニック素材が入っているだけでも、オーガニックコスメだと表現するような場合があります。

間違いやすいのが、無添加とか天然由来といった表現のコスメ。あたかもオーガニックのような響きですが、中身は別物なので注意が必要です。

ちなみに、無添加は人工的な添加物が含まれていないという意味で、天然由来というのは天然成分が入っているというだけの意味です。

そのため、国際的な認証を取得しているものを選ぶと安心して使用できます。

ただし、やはり石油由来成分を全て排除することは難しく、製品によっては防腐剤などが一部含まれていることがあります。

パラベン、安息香酸、フェノキシエタノールを使用していれば、石油由来成分を使っていることになりますので覚えておきましょう。

オーガニックコスメは、化学合成農薬や化学肥料を使わず、有機肥料を使って栽培する農法です。土壌の持つ力を生かし栽培する農法なのです。

購入するときには、自然の成分だけを使っているものかどうかをしっかり確かめてから購入するかどうか決めてくださいね。

オーガニックコスメの認証制度について

食品であれば、厳格な決まりがあって、オーガニック食品は農薬や化学肥料を使っていない土地で遺伝子組み換え原材料を使用せず、合成添加物も使わずに栽培したものです。

しかし残念ながら、日本にはオーガニックコスメの認証機関がありません。そのため、各メーカーやブランドが独自の判断でオーガニックコスメと呼んで販売しています。

一方、海外では、いくつものオーガニック認証機関があります。

たとえばフランスでは、エコサート、コスメビオなどといった認定機関や化粧品協会が存在しています。コスメビオは100%天然由来から構成されていることという厳格な決まりがあり、厳しい認証機関として知られています。

いくらオーガニックとはいえ、海外製品はちょっぴり不安。やっぱり日本人に合った日本のコスメを使いたい、と考える人も多いと思います。(私もその一人~)

そういう人が日本製のオーガニックコスメを購入する場合には、海外の認証機関が設けている次の基準を満たしたものであると安心です。

  1. 石油由来成分が使われていないこと
  2. 動物由来成分が使われていないこと
  3. 植物由来のオーガニック原材料が70~90%使われていること。

成分表示をチェックしてみて、パラベンがあまりよろしくないものだとは分かってても、コラーゲンといった成分が入っていたら、それはやや惹かれる成分ですよね。

けれどもコラーゲンって動物由来成分なので、オーガニックではないのです。。。

まとめ

オーガニックコスメは、言うなれば有機栽培のお野菜や果物のようなもので、体内からお肌の質を自分のチカラで高めていこうとするものです。

それ以外のコスメは、合成のサプリメントだったり、薬用化粧品はお薬的な意味合いと捉えると分かりやすいんじゃないでしょうか。

たとえば、しみケアとして美白コスメを年中使うというのは、鎮痛剤を年中飲むのと一緒で、そのうち効かなくなってきてしまいます。

気になったら1本使ってみて、使い切ったらしばらくお休みする、というのが正しい使い方なのです。

できれば、普段使いはオーガニックコスメで、自分の肌力を上げたいものですね。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.