健康

葉酸を妊娠前に摂る効果&摂取量といつから飲み始めるといいのか

投稿日:

妊活をしている女性で、なかなか子宝が授からないという人は、医師のほうからも葉酸を摂取したほうがいいと勧められることがあります。

葉酸 妊娠前

ただ、葉酸がどれほど妊婦さんに良いのか、いつからどれくらいを摂取すればいいのか悩みどころではないでしょうか。正しく理解して、効率よく摂りたいものです。

葉酸を妊娠前に摂る効果って?

厚生労働省からも葉酸摂取による妊娠の効果について情報提供をしているくらいですから、葉酸の持つチカラは間違いないことでしょう。

葉酸を摂取したほうがいいという理由は、先天性の脳や脊椎の癒合不全をもたらす神経管閉鎖障害の発症リスクを低減するためです。

葉酸は造血に作用する水溶性のビタミンですが、女性に多い貧血症状は、葉酸や鉄分が不足することが原因です。

葉酸は多少過剰に摂取しても問題ありません。むしろ、体には貯まらないので、毎日摂取することが必要です。

葉酸を通常の食べ物から摂ろうとすれば、意識して緑黄色野菜や果物を食べていれば、ある程度は摂取できます。ですが、貧血症状のひどい人はサプリメントで摂取する必要があります。

葉酸 妊娠前の摂取量ってどのくらい?

葉酸は、妊娠を考えている女性にはぜひ摂取して欲しい栄養素です。

妊娠前に摂取すればいいわけですが、葉酸だけではなく栄養のバランスのよい食事を摂りながら、効果的に葉酸を摂取することを考えてください。

目安量としては、1日0.4mg程度は、毎日食べる野菜の平均摂取量350gから葉酸を採り入れることができます。これ以下しか食べてない人は要注意!

しかし、食事に含まれる葉酸はとても少なく、現代人は野菜の摂取量も少なくなっており、野菜に含まれる栄養素も昔よりも少なくなっているのが現状です。

1mgまでは摂りたいため、単純計算でも0.6mgが足りません。ですから、食事にプラスして、栄養補助食品やサプリメントから意識的に葉酸を摂取することを心がけるべきでしょう。

ただし、サプリメントでの摂取は逆に過剰摂取になることもあって、制限量は一日当たり最大1mgだとされています。あくまでも足りない分を補う、ということで考えてくださいね。


葉酸は妊娠前いつから摂ればいいの?

葉酸摂取は妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間に、医師の指導により葉酸の摂取を始めるべきでしょう。

妊娠時には必ず医師の診察がありますが、妊活中の女性であれば、妊娠の相談にも訪れているはずです。意識的に葉酸を摂取するような食生活に変えるようにしましょう。

ちなみに、摂取時期については、先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生しています。問題となる中枢神経系は妊娠7週未満で発生することがわかっています。

つまり、妊娠後では遅く妊娠前の1か月前から3か月前までに摂取を開始したほうが効果的であることがわかっています。

まとめ

妊娠してから葉酸をとりはじめるのでは遅いため、妊活を意識し出したら積極的に採り始めるのがいいでしょう。

葉酸は、妊婦さんしか摂ってはいけないというような栄養素ではありませんので、安心して栄養バランスを整えるようにしたいものです。

-健康
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.