スキンケア

紫外線による肌ダメージを軽減させる! トラブルなしの事前ケア

更新日:

学生の頃は何も考えず、日焼け止めなんて塗らずに過ごしてきたので、最近は肌のたるみ、シミやくすみが気になって仕方ありません・・・。

紫外線 肌 ダメージ

こんがり小麦色の肌がもてはやされたのも今は昔、日焼けは肌が火傷を負ったのと同じことなんですよね。とにかく、家の中でも日焼け止めクリームは塗っておくなど、万全の紫外線対策を施しておきましょう。

紫外線による肌ダメージとは?

強い紫外線というのは、お肌にとっては単なる害でしかありません。特に肌へのダメージとして代表的なのは、できればしたくない日焼けでしょう。

日に焼けることが、ひどくなると皮膚がんになってしまう危険性などもあったりしますので油断できません。

スグには現れないけど、確実に蓄積してしまうのがシミ! 年をとってから一気に出てくるシミは、長年の紫外線によるダメージが原因なのです。

一見、陽に焼けたようには見えなくても、肌の水分は確実に奪われています。夏が過ぎると、それが乾燥肌という形で、また別のトラブルを生むことになってしまいます。

夏はとにかく外出を控えるにしても、ちょっとした買い物などでも紫外線によるダメージは不可避です。日焼けを感じたら、とにかく冷やすこと!

また、冬や曇りや雨などの天気だからと言って、UVクリームをケチったり、保湿などのお手入れを怠らないようにしましょう。

夏はベタつくからと、化粧水しか使わない人もいますが(昔の私~w)、ちゃんと潤い成分を肌の中に届けてあげるためにも、さっぱりタイプの乳液・クリーム・美容液などを併用しましょう。

紫外線による肌トラブル!

日中で日差しが強い日でも、外へ出なくちゃいけない機会があれば、どうしても日焼けは避けらません。肌が弱い人は、日傘とUVカットの長袖アウターが必須です。

さらに、夏は熱に当てられて熱中症にならないためにも、適度に身体を冷やすことを心がけましょう。本来は身体の中から冷やすほうがいいのですが、とにかくまずは水分と塩分をしっかり摂ってくださいね。

肌質によっては後々ヒリヒリ痛くなったり、かゆみが出るときがありますが、それは紫外線により、肌が炎症を起こしてしまっている状態です。

火傷の応急処置と同じで、患部を冷水に浸し、とにかく身体を冷やします。お風呂に入った後などはかゆみが助長されたりしますから、間違っても熱々のお湯につからないでくださいね。

そして、梅干やきゅうりなどのカラダを冷やすものを食べるといったことで、火照った身体が徐々に落ち着いてきます。


紫外線を寄せ付けない肌ケア!

5月くらいから、ドラックストアや化粧品店では日焼け止めを大々的に販売し始めます。まだ初夏とはいえ、紫外線が一年の中で強くなりはじめるからです。

紫外線を防ぐためには、アームカバーなどをして日差しを避けるということもありますが、なんといっても日焼け止めクリームと帰宅後のスーパー保湿が効果的だと思います。

さらに、それに付け足すとしたら、日傘のトリプルブロック! 色は黒を選び、UVカット効果が明記されているものをチョイスしましょう。

美容液は保湿成分がたっぷり入っているものが結構売られたりしていますが、皮脂の分泌が過剰になってしまってはお化粧ノリも良くないので、夏場はさっぱり仕上げの美容液があるといいですね。

余計な油分はかえってニキビの原因になってしまうこともありますから、その点だけ気をつけて夏の美容液選びをしてください。

まとめ

雨でも曇りでも、とにかく365日メイクをしない日でも、日中は日焼け止めクリームを欠かさないことがいちばんです。

その場合、まるでスキンケアの延長のような、オーガニックで肌に優しいUVクリームを使うと安心できると思います。

できれば、室内用・外出用・アウトドアスポーツ用と、SPFなどの違うものを用途に合わせて使い分けられれば、よりベストです。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.