スキンケア

冷房による顔の乾燥肌対策~夏の陣!

投稿日:

お肌の乾燥は、冬だけの現象ではありません。冷房による乾き、汗拭きシートのアルコール分による水分減少など、夏でも乾燥肌の悩みはつきないものですよね。

冷房 顔 乾燥

だからといって、冬と同じ乾燥肌対策をすると、油分が過剰になりすぎて、うっかりニキビの元になりかねません。夏には夏の乾燥対策を行いましょう。

冷房による顔の乾燥を防ぐには? 夏のお肌対策!

冷房が効いた部屋でゴロ寝をしたときに、風邪をひいてしまうことがあるのは、空気が乾燥しているからなんですよね。そんなときって、実はお肌も同時にバリバリ乾燥しているので要注意なのです。

どうしても夏になると、外は暑いから冷たい空気に当たりたいと考えますが、エアコンの風が本来バリアの役割を果たす角質層にダメージを与えてしまいます。

特に外出先などでは自分で室温をコントロールするのは難しいですから、とにかくお肌にも水分補給に努めましょう。スプレー状の化粧水などがあると便利です。

ただ、水分だけをあげてしまうと、蒸発したときにお肌に必要な水分まで奪ってしまう可能性があるため、きちんと保湿成分の入ったスプレーを使うようにしてください。

もしくは、保湿力のある日焼け止めクリームをこまめに塗り直すことも効果的です。無添加やオーガニックのUVクリームなら、なお安心できます。

さらに、お肌の状態を強くすることを目指し、夏はとくに睡眠不足にならないようにしっかりと寝てください。

お肌が新しく生まれ変わるターンオーバーの周期を正常に近づけるためには、午後10時から翌午前2時までの睡眠は必須ですよ。夏の間だけでも、なるべくこのリズムを取り入れてくださいね。

冷房による乾燥で肌がゴワゴワに・・・

夏のある日、気が付いたら肌がゴワゴワになっていた・・・なんてことがないように、冷房に当たるときに気をつけたいことといえば、とにかく顔や頭皮などのお肌の水分量が減らないように対策することです。

たとえば、洗顔後に冷房のきいた部屋で過ごしていたら、どんどん顔が突っ張ってしまったことってありませんか?

もともと空気と言うのは、冷えると水分量が減ってしまう性質があるんですよね。昔の私は、それを知らずにとにかくすっきりしたいがために、24時間冷房の中にいるような生活をしていました(;・∀・)

そして、冷房が効いた部屋では適度な水分補給も忘れずにしないと、肌が砂漠化してしまって、ゴワゴワになってしまうんですね。

そうなると、顔を洗ったときに、頬骨の高いところがザラザラになるので、すぐに角質ケアをするとともに、乾燥させすぎたことを反省して、保湿にいそしみます。

本当は、そうなる前にしっかりと乾燥対策をするべきなのです。冷房の効いた室内にいるなら、肌の水分チェッカーを手元に置いておいて、気がついたときにチェックすると便利ですよ。

スキンケアチェッカー (乾燥 水分量 水分チェッカー)

私は割りとのどが渇くほうなのですが、お肌にも水分補給が必要ってこと。チェッカーのメモリを見ることで、お肌は私たちと同じで、生きているってことを実感しちゃいます。


冷房による乾燥対策について

冷房による肌の乾燥は別名インナードライとも言われ、まさに身体の内側から乾燥が起きていることを表わします。ではお肌の乾燥を防ぐにはどうしたらいいのでしょう?

まずは、冷房から直接くる風になるべく当たらないようにするという工夫が必要でしょう。あくまでもエアコンは部屋全体を冷やすためのものってことですね。

さらに、寒い季節にも大活躍する加湿器を夏にも稼動させることです。冷房をかけながら、同時に肌に水分を与えるにはこれが一番いいんです。

確かに加湿器を動かすと、部屋の中の湿度が保たれてとても居心地がいいものです。クーラーで乾燥した部屋の中にいるだけで、のどを痛めそうですしね。

冷房の冷たい風は喉や身体だけではなく、お肌にも影響を与えているってことを認識しておくべきでしょう。

まとめ

乾燥肌は水分だけでなく、油分のバランスが崩れているときも起こります。ただ水分補給すればいいってわけじゃなく、適度な油分も必要ですから、毎日のお手入れは入念にしましょうね。

夏は化粧水だけしか使わない人も多いようですが、コレは絶対にNGです! 水分を与えたら、ちゃんとフタをしないと、蒸発して潤いは逃げていきますから。

夏向けのベタつかないクリームやジェルなどで、しっかりと保湿してあげましょう。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.