スキンケア

日焼け後のケア 顔とボディと頭皮のヒリヒリ・ほてり・乾燥対策

更新日:

海水浴場に行き、ちゃんと日焼け止めを塗っていたものの、海に入ったり出たりしているうちに流れて落ちちゃった・・・とても仰向けで寝られないほど痛い・・・なんてこと、ありますよね?

日焼け後 ケア

この全身のヒリヒリやほてりは、一体どうすれば治まるのか? さらに、もっと気をつけなくちゃいけない日焼け後のケアとは?

日焼け後のケア 顔のヒリヒリを抑える方法

真夏の陽射しから逃げるように、または挑むように海やプールに出かける人も多いと思いますが、実は海やプールなどの水の中に入っている時ほど日焼けしやすいってことを知っていましたか?

海やプールの水が太陽の光を集め、黒い紙に虫眼鏡で光を集めると燃える、あの効果と似たような現象がカラダにも起こるのです。

水がレンズとなって光を集めるので、水に入っていれば焼けないだろうと踏んでいると後で痛い目を見るというワケです。

日焼け止めクリームに、例えウォータープルーフで水や汗や砂に強いと書かれているものを使っていても、何度も海やプールに出たり入ったりすれば効力も弱まります。

そうして弱まった所にレンズ効果で光を集中的に浴びてしまうため、こんがり日焼け肌ができ上がってしまうんですよね。

焼けたお肌のヒリヒリを抑えるには、とにかく冷やすこと!

そのヒリヒリはもはやただの日焼けではなく、ヤケドなのです。火傷したら最初に冷やしますよね? それと同じなので、保冷剤などを痛みのある部分に当ててじっくり冷やして下さい。

この時、冷えピタなどのジェルシール状のものを貼ると、かえって症状が悪化してしまう可能性が高いので、絶対貼らないでくださいね。

じっくり冷やしてお肌の痛みが消えてきたら、今度は馬油を塗りましょう。

馬油は元々火傷の治療薬として使われてきた経緯があるので、日焼けを早く回復してくれるとともに、傷あととして残りにくくしてる働きもあります。

一つ持っておくと、何かと便利ですよ(*^-^)b

日焼け後のケア ボディのほてりを抑える方法

ヒリヒリというよりもジンジンと首から下が火照ってしょうがない場合は、湯船に限りなく水に近いけれども水よりは温かい、ぬる~いお水を張ってお風呂につかってみてください。

お風呂だからと言って、なにもお湯に入ることはないのです。こういった、ほてった状態でお風呂に入ると、のぼせて熱中症の様な症状に陥りやすいので、水風呂につかることも重要です。

また、身体を冷やす効果のある野菜や果物を食べるのもお勧めです。スイカやメロンなど、瓜類は比較的カラダを冷やしてくれるので、火照った状態の時に食べるのは効果的です。

それでも身体のジンジンが止まらない場合は、もしかしたら熱中症などの症状か、あるいは風邪を引いてしまっているだけかも知れません。

体温を測ってみて熱が高かったら、病院へ行くか解熱剤を飲むなどして安静にして下さい。

さらに行うボディケアとしては、たっぷりと保湿することです。スプレー式の保湿化粧水をボディ全体に何度も吹き付けて、全身をしっかり潤しましょう。

このとき、間違ってもシーブリーズなどのスーッとする液体は使わないように。乾燥がひどそうなら、顔用の敏感肌用化粧水を全身にも使いましょう。

無印良品などの商品を使えば、価格も抑えられますよ。


頭皮の日焼け後ケアでやっておきたい乾燥対策

頭皮を焼いてしまうと、ケアはとても厄介です。髪の毛が邪魔して、頭皮に保湿のための何かを直接塗ることが難しくなりますから。

もし、いつも使っているシャンプーがしみるようなら、数日間はお湯だけで行う湯シャンをしっかりと行いましょう。その後は、洗い流さないトリートメントを地肌を避けて使うようにします。

どうしても石鹸成分で頭を洗いたいなら、ベビーシャンプーがおすすめです。

頭皮のヒリヒリや乾燥にも、スプレータイプのエビアンなどの化粧水が使えます。当然ですが、あまり一気に吹きすぎると髪を濡らしてしまいますので、少しずつ何回もスプレーするようにしましょう。

頭皮を焼いてしまい皮がむけるくらいまでになると、フケのようになって見た目にもイマイチです。そうならないためにも、本来は事前のケアにチカラを入れましょう。

海やプールで一番油断してしまう日焼けは、実は頭皮や頭髪の日焼けです。まさか、麦わら帽子などをかぶったまま海水浴するワケにもいきませんし、競泳用の帽子を被るのもまた微妙です。

理想は被った方が良いのですが、そんなの被るとレジャーやリゾートの雰囲気が台なし!ですもんね(笑)

けど、そんなことを言っているうちに、着々と頭皮は日焼けしていって、腕や脚や背中の様にこんがり状態になってしまうのです。

その場合、かなり頭皮は乾燥状態になるのですが、屋外プールの場合の乾燥はさほど気にしなくて良さそうです。

真水の場合は普通にお風呂に入った時と同様、手の皮がふやける様に頭皮も水分を吸収してふやけるだけだからです。ただし、塩素の影響は少なからずありますが。。。

その点、海の場合は勝手が違います。水分を外に逃がす効果の高い海水の中に入っていた頭皮を、さらに直射日光に晒すことで、まるでイカの干物のような環境になるというワケです。

海に入る前には、必ず頭皮ケア用のオイルなどを使って、事前にマッサージしておいたりして、頭皮の水分の蒸発を防ぐケアを前もってしてから、海に入ると有効です。

さらに、髪や頭皮に使えるUVカットスプレーをしっかり使いましょう。

まとめ

夏だ! 海だ!! そして日焼けして大変なコトにw

・・・なんてことがないようにしたいですよね。

事前のひと手間が、日焼け後のケアを確実に簡単にしてくれます。夏の思い出が悲惨にならないよう、日焼け止めだけは手を抜かないようにしっかり塗っておきましょうね。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.