スキンケア

バスタイムの過ごし方 保湿ケアで美容効果を高める!

更新日:

お風呂に入ったら、普通は身体を洗ったり頭を洗ったりした後、最後に湯船にゆっくり浸かると言うのが定番の流れだと思います。

バスタイム 過ごし方

しかし、お風呂場ほどお肌が潤いに満ちていて、血行が良くなり新陳代謝が活発になる場所というのは、なかなか他には思い浮かびません。

身体の機能が活性化している状態で、自分に合ったさまざまな美容方法を試すのも、充実した良い時間となることでしょう。

バスタイムの過ごし方でキレイが決まる!

せっかく血行が良いので、リンパマッサージなどをするのも効果的です。マッサージをして、身体に蓄積されている老廃物を排出するのにもってこいの場所ですから。

特別に半身浴などをしなくても、しっかりと身体を温めていくことによって、新陳代謝を高めて肌のターンオーバーを促進させられます。

スキンケアの効果を高められるように、しっかりお風呂の中でつぼやリンパを刺激していきましょう。

顔の毛穴もすっかり開いていると思いますので、毛穴ケアをするのにも効果的です。

毛穴に詰まった皮脂や角栓を出しやすくしてくれるクレンジングオイルなどで、じっくり湯船に浸かりながら毛穴をケアするのがお勧めです。

身体を洗ってから湯船に浸かっていたとしても、最終的にもっとふやけて身体からアカが取れやすくなります。

水気を拭き取る前にアカスリタオルなどで身体をこすると、簡易的ではありますが立派に垢すりができるので、もう少し汚れを落としたい時には試してみてください。

いろいろなケアがたくさんできるの場がお風呂なので、時間がある方はいろんな方法に挑戦してみてください。

バスタイムでできる保湿ケア

バスタイムは、日々の生活の中でも1日のうちでもっとも新陳代謝が高まりますから、この時間を有効に使ってしっかりスキンケアや保湿対策のために手間を掛けてやるようにしましょう。

まずしっかり汚れを落として、毛穴や角質のケアをしていきましょう。

スクラブやゴマージュは使いすぎると肌への刺激にもなりますし、乾燥を招いてしまうことすらありますから、肌の様子を見ながらケアしていくようにしましょう。

はじめから保湿効果の高い石けんや入浴剤を選ぶことも大切です。

さらに、全身をしっかり保湿してからお風呂を出たいなら、湯船でじっくりお湯に浸かった後、タオルでかるく水気を拭き取り、ココナッツオイルなどのオイルを全身に塗って下さい。これだけで、全身の保湿がカンタンに完了します。


バスタイムも美容を意識して!

バスタイムには、マッサージローラーや美顔器などの道具を上手に使っていくことでも、お手入れがずっと楽になることがあります。

最近は100均ショップなどでもビューティーグッズは買えるので、そういったものを使えば、汚れたら取り替えるといったことも負担になりません。

泡立てスポンジなどもきちんと揃えておくだけでも、ずいぶんと洗顔がラクになりますし、決め細かい泡で洗顔をすることによって、かなりスキンケアの効果も高めることができます。

入浴剤を何種類も揃えることは誰もが経験していると思いますが、バスソルトやボディスクラブ、ボディーソープなども驚くほどたくさんの色・香り・効能の違う種類のものがあります。

数百円から手に入るモノなので、週に一度のプチ贅沢としていろいろ集めるのも楽しいですよ。それらを眺めているだけでも、女子力がアップするというものです♪

ちょっとしたアイテムと思って軽く考えずに、少しずつアイテムを揃えていくことによって、日々のケアもずいぶんとスムーズになります。

まとめ

マッサージの方法だけでもさまざまなものがありますから、色々と取り入れていってみて自分のやりやすいものを継続してケアしていくようにすれば長続きします。

美肌や保湿ケアのためにも、バスタイムを有意義なものにしていけるように工夫していきましょう。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.