スキンケア

食べ物で日焼けするってホント!? 対策や回復に使える食材はコレ

更新日:

近くへのゴミ出し程度でも、かなり完全防備というくらい日焼け止めを塗って外に出る人もいれば、ちょっとそこまでだから特に塗る必要がないと言う人までさまざまですよね。

日焼け対策 食べ物

直射日光に当たっても、確実に日焼けしてしまう人とそうでない人がいますが、一体この差は何なのだろうか?と考えると、普段の食生活にあるようなのです。

肌の表面から日焼け対策を取り入れる事も大切ですが、体の中から日焼け対策を取り入れることで、紫外線を防止する効果を上げることが可能となります。

食べ物で日焼けする!?

日焼け対策を取り入れていても日焼けをしてしまう場合には、普段から摂取している食べ物をチェックするのもありです。

食品の中には、紫外線の吸収を高めてしまうような食べ物もありますから、そのような食べ物を摂取していないか食事の内容を確認してみましょう。

紫外線を吸収しやすい食べ物としては、ソラレンという栄養素を含む食品です。ソラレンは、レモンやオレンジ、グレープフルーツやパセリやセロリ、キュウリやブロッコリーの茎などに多く含まれています。

ソラレンを摂取すると、2時間後に非常に紫外線を吸収しやすい状態となってしまいますから、食事をする際には、2時間後に紫外線を浴びる場所にいるかいないかを考えておくと完ぺきです。

ソラレンを含む食品の摂取はできるだけ夜に行い、紫外線の吸収率が上がっても、何の問題もないようにすると、日焼け対策に影響を与えることがないでしょう。

最近では、朝にスムージーを摂取する人が増えていますが、上記のソラレンを含む食品をスムージーに加え、直後に外出してしまうと、シミやそばかすができてしまう原因となってしまうこともあるのです。

様々な日焼け対策を取り入れていても、なぜかシミやそばかすが増えてしまう場合には、ソラレンの摂取が多くなってしまっていないかを考えてみると良いでしょう。

キュウリパックなどを取り入れている場合にも、朝のキュウリパックは紫外線を吸収しやすい状態を作ってしまいますので、やるなら夜にしておいてくださいね。

日焼け対策になる食べ物ってある?

日焼けしにくい人は、日に当たっても焼けにくくなる食べ物をよく摂っているのです。

特に日焼けになりにくいことで挙げられるのがトマトです。この時期は冷蔵庫でキンキンに冷やしたトマトを食べたいところですね。

しかし、ケチャップやトマトソースのように加熱して調理した方がトマトの主要成分であるリコピンが濃縮されて、たくさんトマトを食べなくてもリコピンが多く摂れておすすめです。

また、オメガ3脂肪酸と呼ばれるココナッツオイルなどの良質な油も、日光からのダメージを防ぐ効果の高い食材と言われています。

他にも、ブロッコリーや魚(特に青魚と呼ばれるモノ)、緑茶やサツマイモなども日焼けに負けないお肌を作るのに有効です。

夏場は特に、普段の食事などで積極的に摂取するようにすることで、直射日光に当たってもすぐ真っ黒になりにくいお肌を作っていきましょう。


日焼けの回復によい食べ物

体の中から紫外線を防止する方法としては、サプリメントを摂取するという方法や、食事の内容により、紫外線を防止するという方法がありますが、もちろん回復にも使えます。

サプリメントにより、紫外線を防ぎ、肌のターンオーバーを促進させる栄養素としては、ビタミンCが非常にお勧めとなります。

ビタミンCには、メラノサイトが作り出すメラニン色素を減らすことができるとされていますし、できてしまったシミを改善させるためにも効果的となります。

ビタミンCは食事の中からも摂取することが可能となりますから、柑橘系やキウイフルーツなどの摂取を積極的に行うと回復にも良い効果があるでしょう。

抗酸化作用がある食材やサプリメントも、紫外線を防止するために効果があるとされています。活性酸素が体の中に溜まってしまうと、体の機能を正常に保つことができなくなってしまいますから、抗酸化作用があるサプリメントや食品の摂取を心掛けるといいですよ。

抗酸化作用があるサプリメントや食品はたくさんありますが、ビタミンA、ビタミンEなどがお勧めとなります。ブルーベリーにもありますし、セサミンの摂取も効果的となります。

まとめ

UVクリームを使うなど、外からの日焼け対策を一生懸命やる人は多いですが、体内からも合わせて対策を行う人は少数派です。

体の中から健康を維持することができると、肌の再生速度が速くなりますから、日焼け対策につながります。できるだけ日焼け対策になる食べ物は、毎日いただくことがお勧めなのです。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.