オーガニック

オーガニック石鹸の作り方 手作りすればアトピー肌でも使える?

更新日:

香料や着色料、保存料などの成分が入っていないオーガニック石鹸が店頭に並んでいるのを良く見かけますが、材料を揃えれば自分でも同様の石鹸を作ることができます。

オーガニック 石鹸 の作り方

オーガニック石鹸の作り方の流れや手作りするメリット、アトピーや敏感肌でも使えるのかどうかなどについて見てみてくださいね。

オーガニック石鹸の作り方

オーガニック石鹸を作るために用意する物は、原材料、型として使う入れ物、分量を正確に量るためのはかりなどです。また、途中材料を混ぜるのに使う長めの棒など、内容物に直接触れずに済む物もあらかじめ準備しておきます。

先に、石鹸に混ぜる油を温めておきます。電子レンジで温めてもよいのですが、加熱ムラが出る場合があるので、湯煎にかけることをおすすめします。

まず、正確に量った水酸化ナトリウムと精製水を容器に入れてしっかり混ぜ合わせると、温度が上昇してきます。

この時水蒸気が出てくるので、オーガニック洗剤を作る場所は家の外か、風通しの良い所を選んで行ってください。水酸化ナトリウムは注意して取り扱うようにしましょう。

しばらくして低温になるのを待った後、先に温めておいた油を加えて、混ぜた棒の跡が材料に残るくらいの固さになるまで30分ほど混ぜ合わせます。この間に香料などを入れましょう。

オーガニック石鹸は、使った材料によって固まり始めるまでの時間が違ってきます。保温箱に入れて固まれば完成です。

乾燥させると使い心地が良くなってきますので、そのまま2~3ヶ月置いておくのもおすすめです。石鹸は酸化を防ぐため、光の当たらない、風の通る場所で保管しましょう。

自分で材料を集めるのが大変だという人は、ネット通販にて手作り石鹸のキットを購入すると、より手軽に石鹸を作ることができるでしょう。

アロマ石鹸 手作りキット 【石けん/ハンドメイドセット/手づくり/アロマソープ/自由工作セット】【あす楽対応_本州・四国】【RCP】

オーガニック石鹸を手作りするメリットは?

自分で作るオーガニックの石鹸は、何が入っているか明確なので、使用するのも安心です。

オーガニックの石鹸を手作りし、販売しているインターネットサイトによると、できあがったオーガニック石鹸は何ヶ月も寝かせて作られていますね。

オリーブオイルと精製水、苛性ソーダを使って作るオーガニック石鹸は、いちばん簡単に作ることができ、蜂蜜や緑茶、好きな香りのものを加えることで、さらに自分好みの石鹸に仕上げる事ができますよ。

しかし、作る際に注意が必要なのが、苛性ソーダの取り扱いです。苛性ソーダは薬局で購入する事ができますが、危険物なので購入時にハンコかサインが必要になります。

また、苛性ソーダが直接肌に触れるとやけどしてしまうので、肌に触れないようにし、取り扱い方法を確認して使用するようにしましょう。


オーガニック石鹸ならアトピーでも使える!

食品に使われる添加物を気にする人は昔から多いですが、最近は直接肌に使う洗剤や化粧品も、オーガニック石鹸を利用したり作ったりして、自然や人間に優しい生活を心がけようという人が増えています。

シャンプー、歯磨き粉、洗顔フォーム、中性洗剤など、私達の身の回りにある洗剤にはたいてい何らかの添加物が含まれているものです。石けんは安心と思われがちですが、成分表をチェックしてみてください。純度が高いほどオーガニックに近くなります。

オーガニック洗剤でまず良いことの最初に挙げられるのは、アレルギー体質の人にも安心して使えるということです。

肌のトラブルを引き起こす添加物が入っていないので、赤ちゃんやアトピー性皮膚炎に悩む人でも心おきなく利用できます。

また、オーガニック洗剤や石けんのできあがりと同時につくられるグリセリンという物質が高い保湿効果をもっているため、アトピーだけでなく、乾燥肌の人にも優しい仕上がりになっています。

まとめ

オーガニック洗剤や石けんは、自分の好みの香りや材料で気軽に安く作ることができるのも魅力です。

オーガニックという言葉には、少々質素で地味なイメージもありますが、例えば形・香り・色でも天然のものを選んで自分なりにアレンジすれば、市販の洗剤にも引けをとらないものを作ることも可能なのです。

-オーガニック
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.