健康

月経前症候群には漢方も有効 病院や市販の漢方薬について

更新日:

月経前症候群を治療していく方法といえば、医療機関で薬をもらう、食事に気をつける、サプリメントをとる、生活習慣に気をつけるetc...といった方法があります。

月経前症候群 漢方 市販

西洋医学で改善が見られないなら、東洋医学に目を向けてみませんか? 中でも漢方薬は人によってはかなり効果的に働く場合があります。まだ取り入れたことがないなら、一度考えてみるといいと思いますよ。

月経前症候群の漢方を病院で処方してもらおう

漢方薬には、体質改善の効果が期待できますから、症状軽減の可能性も十分にありますし、女性の悩みである、冷え症、生理不順、更年期障害などにも効果がみられます。

東洋医学の考え方では、月経前症候群は肝(かん)の働きに乱れが生じることで起こるとされています。肝(かん)の働きを取り戻し、気の流れも整える漢方薬を使っていくという治療方法となります。

月経前症候群の治療方法として、漢方薬を検討しているのなら、漢方外来を受診するとよいでしょう。漢方薬を使った月経前症候群治療は人気があるようです。

漢方外来では、体質の個人差に合わせて、身体に備わっている治癒力を高めることを重視しています。

女性特有の様々な悩みに効く漢方薬も揃っていて、無理のない治療が可能になるということで、漢方外来の評価は高いようです。私自身の経験からも、漢方薬がいちばんオススメですよ。


月経前症候群に漢方 市販薬の種類は?

月経前症候群の症状を漢方薬を使って治療していきたい場合、どの漢方薬にどういう効果があるのか、知っておくのはとても大事なことです。

婦人科や漢方外来などで、月経前症候群の治療のために漢方薬を処方してもらう際にも、よく説明を受けるようにしましょう。漢方薬には女性特有の、生理不順などの様々な体調不良を、少しずつ改善していく効果があります。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は婦人病全般に効果があり、更年期障害などにも使われます。月経前症候群の症状軽減に向けて、体質改善を目指す場合におすすめの漢方薬です。

五苓散(ごれいさん)は、代謝促進に効果があります。身体に溜まった水分を外へ出してくれるため、むくみ改善にも適しています。

加味逍遥散(かみしょうようさん)は生理不順への効果で知られています。他にも不眠症や怒りっぽくなってしまうといった心理的な症状にも使われています

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、桃仁・桂皮・芒硝・大黄・甘草をブレンドした漢方薬です。婦人病や生理不順、めまいにも効果があり、不安感といった心理的な症状への効果もあります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、婦人病の中でも、生理痛・冷え性・腰痛・頭痛の軽減に使われます。貧血気味の体質改善にも向いているようです。

月経前症候群治療の漢方薬としては他にも、温経湯(ウンケイトウ)半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)などがあります。自分に合った漢方を見つけてくださいね。

まとめ

薬による治療を行っていく中で、西洋医学による薬ではなかなか症状軽減の兆しがみえないという人もいるかもしれません。また薬で治療するということ自体に、不安や拒否感を感じる人もいることでしょう。

そのような場合には、漢方薬を検討してみてはいかがでしょうか。月経前症候群を治療していくうえでは、体質を改善していくことも大事な要素となります。

-健康
-,

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.