ダイエット

酵素の効果効能 ダイエットや風邪予防に酵素が効くってホント?

更新日:

酵素は人間の身体の中にあり、食べ物の消化吸収を助けたり、人間が生きていくうえで必要不可欠の要素です。ダイエットで注目が集まりましたが、それだけではありません。

酵素 効果 効能

いまさら聞けない酵素の効果効能や、ダイエット効果、まさかの風邪予防効果について言及していますので参考にしてみてください。

酵素の効果効能とは?

酵素にはたくさんの種類があり、それぞれにできる働きが決まっていますが、大きな効果効能としては消化と新陳代謝です。

酵素の特徴の1つとして熱に弱いことが挙げられます。一般的に酵素は50~70度くらいまでしか耐えられず、48度くらいから壊れていくので焼いたり煮たりすると一気に奪われてしまいます。

酵素を摂取するには食べ物を生のまま食べることが大前提です。しかし身体が冷えると酵素はうまく機能しません。

体内酵素の働きを鈍らせないためにはただ単に生野菜などを大量に摂取するのではなく、お風呂に取り入れたりなど工夫することも大切です。せっかくの酵素をムダにしないようにしましょう。

酵素が体内で作られる量は人それぞれ決まっています。よって食品で酵素を摂取することは非常に望ましいことです。

食べやすいものとして、果物は生で食べれば比較的多くの酵素を摂取できます。私たちはデザートとして食後に食べてしまいがちですが、できれば食前か食間に食べることが望ましいです。

果物はほんの30分程度で腸までとどき、後から来る食べ物をしっかり消化吸収、分解します。最後に食べてしまうと他の食品に邪魔されてしまうのです。

酵素の効果はダイエットがいちばん!

メタボリックという言葉は完全に定着しましたよね。メタボリックシンドロームは非常に深刻な問題で、そのための対策としてダイエットをする人も少なくありません。

メタボ検診と呼ばれるものが始まってずいぶん経ちましたが、相変わらず関心も高くなっているものです。ダイエットをするためには酵素の働きを強める必要があります。

人間の身体の中には数千種類程度の酵素があるといわれており、どの種類の酵素も毎日の健康を維持していく上で必要不可欠な要素なのです。

酵素は、大きく分けて消化酵素と代謝酵素があります。たんぱく質やアミノ酸などの栄養素が体内に十分吸収されるためには酵素の力が必要です。

それぞれの酵素は加熱食品からは摂取できないので生の野菜や果物、ヨーグルトなどの発酵食品から摂取します。

酵素の力を借りてダイエットをするためには、新陳代謝をあげることも必要ですが、新陳代謝の機能を高めるにも酵素の力が必要不可欠です。酵素を無駄にしないことも大切であり、食べ物やサプリメントなどからとるのも効果的です。

酵素ダイエットを成功させるためにも、酵素の正しい摂取の仕方と消費の方法を学び、毎日の規則正しい生活を心がけることが最も健康的なダイエットといえます。

そしてさらにメタボにも関連付けて影響が出てくるでしょう。毎日の生活を見直し、酵素を意識して過ごすようにしてみましょう。


酵素で風邪予防ができる!

酵素は風邪の予防にも効果を発揮します。酵素が直接に病原菌やウイルスなどを撃退することは不可能ですが、ウイルスの活動を抑える体を作ることに役立ちます。

一般的に、ウイルスは小腸や大腸の中で活動をするものです。腸の中は、ウイルスのえさとなる悪玉菌が優位になりやすい環境です。

腸の中で善玉菌が優位であれば病原体を攻撃してくれますが、腸内で腐敗するような消化の悪い食べ物をたくさん食べていると、悪玉菌ばかりが増加し免疫力が低下していきます。

腸の中で悪玉菌が増えると便秘になりますが、それだけではなく、風邪を長引かせる原因にもなってしまうのです。

では風邪予防のために酵素はどのような働きをするのでしょうか。

まず消化不良になりにくい食べ物を食べたり酵素を含むものを食べたりすると、腸内環境が良くなって悪玉菌に比べ善玉菌が優位になります。

そして、ウイルスが繁殖しやすい環境を作らないようにすることで、風邪の予防になるのです。

消化の悪いものというのはインスタント食品やスナック菓子などが該当し、それらを食べることによってたくさんの酵素を消費します。

本来であればスムーズに消化できるような食べ物まで処理しきれなくなってしまい、そのままの形で腸の中へ運ばれる結果となります。

消化の悪い食べ物をできるだけ避け、その上で生野菜や果物などで酵素を補うことが非常に大切です。風邪を引かないようにするためには胃の調子を気遣うことも必要なのです。

まとめ

最近は酵素がダイエットに効果的であると知れ渡っており、酵素ドリンクやサプリメントなどは充実しています。

ですが、酵素にはきちんと効果効能があり、また酵素を含む食品などにはそれぞれ特徴があるので、せっかく摂取するにしても正しく理解したうえで効果的に補えるようにしましょう。

-ダイエット
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.