スキンケア

光老化とは? 紫外線対策で日焼け止めを使ういちばんの理由

更新日:

同じ人でも、外に出ている部分(例:顔とか手)と、隠れている部分(例:お腹やお尻)の皮膚はまるで違います。

光老化とは

一方はシミやシワが見られるものの、一方は割とキレイなお肌のはずです。これが、いわゆる光老化というモノなんですよね。

光老化とは?

光老化と呼ばれる老化現象とは、紫外線を吸収することで、肌の老化が進んでしまうという状態です。

光老化というのは、紫外線を浴びた時間や強さに比例するようで、肌老化の外的要因の5~8割は光老化が原因なのです。

光老化と一般的な老化現象との違いとしては、紫外線を浴びてしまった事により老化現象が進むと、肌の柔らかさがなくなってしまい、ごわごわとした触り心地の肌になってしまうのです。

一般的な肌の老化現象としては、シワやたるみが増えるような老化現象となりますから、紫外線を吸収しながら老化現象が進んだ肌とは、見た目が全く違います。

もちろん、紫外線を多く浴びて老化現象が進んでしまった肌の方が、シミやそばかすは多くなりますし、シミの大きさも大きくなりがちとなります。

ですが、黒ずんでしまっている肌の中に、シミやそばかすができてしまっても、あまり目立たないという場合もあります。

光老化は紫外線や近赤外線が原因

肌が老化してしまう原因のうちの5~8割ほどが、紫外線や近赤外線による光老化です。

光を浴びることで老化現象が進むわけですから、同じ年代であっても紫外線を浴びた肌と日焼け対策を取り入れている肌とでは、全く老化の進む度合いは変わってしまいます

歳を重ねてもいつまでも若々しい肌を維持したいと思う人は多いですし、少しでもシミやたるみを防ぎ、白く、柔らかい肌を維持したいと考えるのであれば、アンチエイジングの為にも、日焼け対策を取り入れ、紫外線を防止するようにしましょう。

日焼け対策を取り入れることで、アンチエイジングの効果は高まりますし、急激に老けてしまうという事を避けることができます。若々しい肌を保つためには紫外線対策が欠かせないのです。


光老化って日焼け止めで防げる?

紫外線や近赤外線による光老化によって肌が老化してしまうことが分かっているので、紫外線から肌を守らなければいけません。

曇りや雨の日でも、冬でも、紫外線はゼロではありません。また、室内へも届くため、一年中家の中にいても、ケアとして日焼け止めは使うべきなのです。

ただし、室内と屋外で使う日焼け止めはSPFなどの数値を変えたり、オーガニックなどで肌にやさしいものを使うようにした方がお肌のためです。

特に、肌が弱い人やアトピーの人は、紫外線の影響をより受けやすくなってしまうため、なるべく早いうちから自分のお肌に合う日焼け止めを見つけておきましょう。

さらに、保湿ケアには十分すぎるほど気を使うべきです。水分量が足りないと、しみ・シワ・たるみはもとより、たるみ毛穴の原因ともなりますから。

美容液やアイクリームを少しずつ重ねてたくさん使うよりも、上質な化粧水をたっぷりと染みこませた方が効果的です。

まとめ

カンタンにまとめると、光老化による老化を防止するポイントは3つですね。

  1. 日焼けはダメ
  2. 日焼け止めは必ず塗る
  3. 保湿は十分に

それほど神経質になることなくできることばかりなので、習慣化させてなるべく光老化しないように今から気をつけましょう。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.