スキンケア

目の下のクマの種類の見分け方と消す方法

投稿日:

目の下にクマがあると、疲れて見えたり老けて見えてしまいます。目の下のクマというと、寝不足が原因と思われがちですが、それ以外の原因によってできてしまうこともあるんですよね。

目の下のクマ 種類

まずは、目の下のクマの種類とその見分け方、消す方法や隠す方法などについて目を通してみてください。一気には消えませんので、ごまかしながら徐々に改善させていきましょう!

目の下のクマの種類とは?

目の下のクマを大きく分けると、青クマ、茶クマ、黒クマ(影クマ)の3種類です。これらはクマができる原因が異なりますので、それぞれに異なる対策をしなくちゃいけません。

アイケアをしているのに、まったくクマが改善されない・・・という場合、自分のクマとケア方法が合っていない場合が考えられます。

目の下のクマ 種類

青クマ

目の周りの血行が滞り、毛細血管が青く透けて見えている状態です。

茶クマ

茶クマの原因はメラニン色素の沈着です。紫外線や目をこするなどの刺激により、生成されたメラニンがうまく排出されず、沈着してしまった状態です。

黒クマ(影クマ)

これは、まぶたの下にくぼみができていて、そこに影ができてクマになっている状態です。まぶたや目の周りのたるみが原因になっていることがあります。

目のクマの種類の見分け方は?

では、これらのクマの見分け方は、どうすればわかるのでしょうか。

まず、顔を鏡で見ながら上向きになったときにクマが消えるのであれば、これは黒クマ(影クマ)です。黒クマ(影クマ)は、ファンデーションを塗っても消えないという特徴があります。

目の下の皮膚を引っ張るとクマが薄くなるなら青クマの可能性が高いです。青クマは、ファンデーションを塗ると容易に消すことができます。

反対に、目の下の皮膚を引っ張ってもクマに変化がなく、ファンデーションをぬるとクマが薄くなるなら、これは茶クマです。

まずは手鏡を持って、自分のクマがどれに該当するのかを、しっかりと見極めるようにしましょう。

ただし、全員がきれいに分類されるかというと、そう単純ではありません。青クマと黒クマが混ざってるなど、混合型の人もいます。

そんな場合は、両方のケアが必要となりますが、特に気になる方を優先させるようにしましょう。どっちもしっかり隠そうと思うとやりすぎになりますので、注意してください。


目の下のクマを消す方法にはどんなものがあるの?

目の下のクマを消す方法はいくつかありますが、クマができる原因によって、その対処方法が変わります。まずは、先に自分のクマがどのタイプのものであるかを知っておいてください。

クマは、複数のタイプのクマが組み合わされて起こっていることも多いので、クマを消す方法も複数の方法を試してみることをおすすめします。

目の下のクマを消す方法には、次のようなものがあります。

  • 目の周りの血行をよくする
  • 目の周りのたるみ対策を行なう
  • 徹底的に保湿する
  • 美白化粧品を使う
  • コンシーラーを使う
  • 生活習慣を見直す
  • 美容整形で治す

実際に試してみて、自分に合うアイケアを根気よく続けていくようにしましょう。

さいごに

目の下のクマは、ヒドい人になると3種類の混合というタイプの人もいます。誰もが寝不足になると、クマが目立つようになりますが、そんな時でもよくよく見てみると、色の違いに気づくハズです。

自分でどのクマか判断がつかなければ、コスメカウンターでアイケア製品を見せてもらうついでに、どのクマなのかチェックしてもらうといいですね。

自分がどのタイプなのかを確認して、効果的な方法で目の下のクマ対策を行いましょう。

-スキンケア
-

Copyright© キラキライフ , 2018 All Rights Reserved.